フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« JAA国際アコーディオンコンクール♪ | トップページ | cobaさんの「記憶樹」♪(舘野泉ピアノ・リサイタル) »

2013年9月11日 (水)

Quand un soldat(兵隊が戦争に行くとき)♪

 イヴ・モンタンが大好きだった10代の頃に聞き覚えた歌「兵隊が戦争に行くとき」。モンタンが好きというだけで、意味も良く理解しないまま、この曲にも何となく愛着を感じていました。

 『歌声カフェ「空」』の歌集の中にもこの曲があるのですが、歌集に掲載されている歌詞と私の持っている譜面の歌詞が違うので、実際にはどのように歌うのだろうと思ってYouTubeで探してみたところ、目的のものは見つかりませんが参考になるサイトがありました。

 曲調からもタイトルからも想像がつくように戦争に関する歌ですが、反戦歌です。フランスでは兵士の士気を損なうと放送禁止にもなったそうです。(その辺りの詳細は一番上のサイトに書かれています)。武力で争い事を解決するなんてできるはずない!! ですよね。

● http://duarbo.air-nifty.com/songs/2009/12/post-2eaa.html

 この曲をご存じない方には:

● http://www.youtube.com/watch?v=RiasT-KmxDE

● http://www.youtube.com/watch?v=WcFIljvPffY

 http://www.youtube.com/watch?v=pVefoKJLOgg

 パペットによる人形劇で表現したこのような興味深いものも見つけました!
● http://www.youtube.com/watch?v=I67HeMbj-pc

 幸い、これまでにこの曲のリクエストをいただいたことはないのですが、この曲に限らず歌詞が幾通りかある曲や歌詞付きの譜面のない曲は伴奏に迷うことがありますね!

 そんな時、昔と違って今はネット検索でいろいろと調べることができて助かります。久しぶりにイヴ・モンタンの歌声や曲を作ったフランシス・ルマルクの歌声を聴くこともできました

« JAA国際アコーディオンコンクール♪ | トップページ | cobaさんの「記憶樹」♪(舘野泉ピアノ・リサイタル) »

コメント

palmerhugesさん、お久しぶりです。
私の方は元気にしております。
ブログの再開、何よりです。
お身体に気を付けて日々の暮らしの中にたくさんの喜びを見つけてお過ごしくださいね

えりさん、こんにちは。お久しぶりです。いかがお過ごしですか?今日、久々に意欲がわきましたから、ブログを再開することにしました。そして、これからは、遠出を控えて、アコーディオン、家庭菜園、資格取得にいそしむことに決意しました。楽器復旧は急務です。資金獲得にがんばります。ブログに、今まで使った楽器の遍歴をアップし続けたいと考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JAA国際アコーディオンコンクール♪ | トップページ | cobaさんの「記憶樹」♪(舘野泉ピアノ・リサイタル) »