フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 「生きているということは」永六輔さん♪ | トップページ | 伊藤ちか子さんの演奏情報♪ »

2016年7月29日 (金)

氷中花

 ラジオを聴いていたら「氷中花(ひょうちゅうか)」という言葉が出てきて、ふと幼い頃にタイムスリップしたような気分になりました。そういえば最近、見かけませんね。商店街も冷暖房完備のところが多く、氷中花を置いたとしても涼を求めて集まる人もあまりいないだろうということでしょうか。

 子どもの頃、アーケード商店街の通路の真ん中によく置かれていた氷中花は、見るからに涼しげで美しく、近づくとほんのりと冷気を感じて幸せな気分になったものでした。聴いていたラジオ番組では、シャンソン歌手で料理愛好家の平野レミさんが家庭で手軽に氷中花を作る方法を教えてくださいました。牛乳パックをきれいに洗って、その中に一度沸騰させて冷ました水(湯冷まし)を入れて、花も入れてから冷凍庫で凍らせる。牛乳パックを剥がせば出来上がり。テーブルの真ん中にこれを置けば涼しげですね! 冷房がきいたお部屋には必要ないかもしれませんが、我が家ではほとんどエアコンをつけずに今日まで頑張ってきているので、作ってみてもいいかもしれませんhappy01 (「熱中症にならないように気を付けてください」と言われそうなので予防線を張っておくと、さすがに34℃とか35℃とかまで気温が上がったに日にはエアコンを使いました。アコーディオンを弾く時には扇風機が回っています。)

 平野レミさんの氷中花の話題に若手歌舞伎俳優の中村隼人さんは「それは一体何だ?」という反応をなさっていたのが面白かったです。若い方はご存じないのかもしれませんね。古いものが消えてゆき新しいものが生まれる、そうやって歴史は営まれてゆくのですね、きっと。

« 「生きているということは」永六輔さん♪ | トップページ | 伊藤ちか子さんの演奏情報♪ »

コメント

clovershihoさん、コメントありがとうございます!
そうですね、水中花も一時話題になりましたね。五木寛之さんの作詞で松坂慶子さんが歌った「愛の水中花」という曲も流行りましたね♪
こんな曲のリクエストは出ませんか~?

わたしは氷中花より、水中花が懐かしい~
赤や黄色や青の、毒々しい色の。
最近見ないですね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「生きているということは」永六輔さん♪ | トップページ | 伊藤ちか子さんの演奏情報♪ »