フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 第142回 『アコーディオン喫茶かるふーる』 (2017.04.01開催)♪ | トップページ | Sayaco & 杏ふるや Joint Concert ♪ »

2017年4月 3日 (月)

日吉武さんのこと♪

 一昨日「かるふーる」ミニライブをやってくださいました日吉武さんから、お若い頃のご活躍ぶりが紹介されている冊子とお写真などをお預かりしました。また、これまでの演奏活動の主だったものもリストでいただいております。冊子は昭和47年5月25日発行の「へら鮒」という「へら鮒釣りの専門雑誌」です。音楽演奏家としてご活躍なさる傍ら、趣味は釣りともぐりということで、昭和47年頃には「へら鮒釣り」に凝っていらっしゃったそうです。

 冊子の中味を拝見すると戦後の芸能界で長くご活躍されてきた経歴を知ることができます。「日吉武とパップコーンズ」というバンドを結成してテレビに音楽喫茶にと大活躍で、ジェリー藤尾さん、ドリフターズの高木ブーさん・中本工事さんなどは日吉さんの楽団メンバーであったそうです。一見派手なようにみえる演奏家という商売の実際は非常に地味なもので、日吉さんは自然を愛し自然に溶け込むことのできる釣りを第一の趣味になさっていたとのことです。

 冊子の文面からの引用ですが「プロとしては、一日最低4時間の練習が必要とのこと。しかも、4時間の練習を続けて、実力が向上するのではなく、低下を防ぐというのであるから、まことに厳しい世界である。」とあります。プロの世界の厳しさを教えてくれるこの文章を読んで、そのような世界でご活躍を続けた日吉さんは絶え間ない努力を惜しまなかった方なのだろうと想像しました。そして、楽なことばかりではなかったであろう芸能界から離れて「釣れようが釣れまいが魚意のまま」という釣りの楽しみで心を解放なさっていたのであろうお姿を思うと、上手にバランスを取りつつ戦中戦後を、そして現在までを生き抜いていらっしゃったのだろうと感じました。

 ご縁があって日吉さんとお知り合いになることができ、「かるふーる」へ足をお運びいただくことができ、ミニライブまでやっていただくことができたこと、ありがたいことだと改めて思いました。

 日吉武さんのご経歴を簡単にですが再度書き記しておきます。

昭和4年生まれ
昭和20年プロ入り

【主な活動歴】
旧ソ連軍オーサスクラブ、米軍クラブ
ジェリー藤尾とロックバンド
全日本プロ・ロックバンド・コンテスト優勝
米軍FEN放送
ジョージ川口フルバンド
ザ・スパイダース参入
沖縄、台湾 米軍クラブ
マイク眞木とレコーディング
ジミー時田とレコーディング
ジャズ学校校長として後進を指導
帝国ホテル、ヒルトン、オークラ、精養軒、小涌園、雅叙園
中本工事とバンド結成
スイス、アメリカ、オーストラリア、など巡演
静岡県と都内病院でボランティア

(以下、写真でご紹介する冊子中の日吉さんを取り上げた記事はコピーを取らせていただきましたので、お読みになりたい方は「かるふーる」の際にお声をかけてくださいませ。4月の「かるふーる」にご参加くださった方には既に回覧いたしました。)
Pict0007


Pict0015


Pict0011


Pict0012


Pict0013


Pict0014

« 第142回 『アコーディオン喫茶かるふーる』 (2017.04.01開催)♪ | トップページ | Sayaco & 杏ふるや Joint Concert ♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第142回 『アコーディオン喫茶かるふーる』 (2017.04.01開催)♪ | トップページ | Sayaco & 杏ふるや Joint Concert ♪ »