フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 「かるふーる」情報いろいろ♪ | トップページ | 第11回 そよ風コンサート♪ »

2017年7月 8日 (土)

第一回バルミュゼット東京 et ミュゼットマルシェ 7/29(土)♪

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2017/06/et-d8c7.html

 

 上記記事などで何度かご案内をしていますが、7/29(土)のミュゼット・イベントに関して松元利恵さんからメールでの詳細も届いていますので、以下に転載します。これまでのご案内では夜のバルミュゼットの部は「全席立ち見」となっていましたが、今回のお知らせでは「ダンスをされない方のためにお席もご用意」となっています。足腰に自信のない方も、これで安心ですね!(私もその一人ですがhappy01)  ミュゼット音楽のお好きな方、ご一緒にいかがでしょうか? 

 

::: 以下転載です ::: 

みなさま、はじめまして、こんにちは。
パリのアコーディオニストのRieと申します。
このたび729日(土)に渋谷のサラヴァ東京で開催する1日限りのイベント、東京とパリのアーティストによるダンスコンサート&アートマルシェ「バルミュゼット東京2017についてお知らせさせていただきます。

夜の部のダンスコンサートでは、札幌を拠点に活動しているバル・ミュゼット楽団「ラ・ゾーヌ」を中心とした総勢17人のミュージシャンが、パリの昔懐かしいアコーディオン音楽を賑やかにお届けします。ミュゼットを知らない方もダンスが苦手とおっしゃる方も大歓迎! フランスのダンスパーティーの雰囲気を味わいに、東京ではほとんど聴けないラ・ゾーヌの演奏を聴きに、ぜひこの機会をお見逃しなくお越しください。

shine■バルミュゼットとは?
「バルミュゼット」とはバル(ダンスホール)とミュゼット(20世紀初め、古き良き時代のパリで花開いたアコーディオン中心のアンサンブルによる伝統的な大衆音楽)という2つの単語を組み合わせた言葉で、今もフランスのカフェや街角などで日常的に行われているダンスパーティーのことです。 このプロジェクトの発起人である私は、30歳の時にアコーディオンに出会い、その後ミュゼットという音楽に衝撃的に出会い、この音楽を学ぶためにパリに留学し、現在もパリで生活しています。約15年のパリ生活で現地のバルミュゼットに、奏者として、またダンスをするために足を運んだりしているうちに、以前よりももっと深くバルミュゼットという文化に魅せられるようになりました。
ミュゼットはフランスではいわゆる懐メロのような音楽ですが、シニア世代の方だけでなく、若い世代の人達にも人気です。カフェでも道端でもフランスでこういった音楽がかかれば、たちまち踊りの輪があちこちに生まれ、カップルはもとより、友達同士、親子でもくるくると踊り出す光景が広がります。ラテン気質で踊り好きなフランスでは当然のごく日常的なワンシーンです。フランスでは、踊ることで人々は愛情を確認しあい、友愛を深め、リフレッシュし、翌日からまた元気に日常生活を送っていくことができるのです。
一方、日本ではダンスパーティーというと限られたダンスファンを対象にしたものであることがほとんどです。けれど、日本でもごく一般の人達が気軽にダンスを楽しめる機会があったらどんなに楽しいことだろう。子どもの頃、夏祭りでゆかたで踊った盆踊りのように、小学校で踊ったフォークダンスのように。私のパリの友人たちであるアコーディオニストやバルミュゼットのイベンター、ダンスの先生達と日々交流するうちに、ある日、バルミュゼット東京というプロジェクトが自然発生的に私のもとに降りてきました。

shine■ゆかたでバルミュゼット!
真夏の東京で開催されるバルミュゼットのキーワードはズバリ「ゆかた」! フランスでは毎年、パリ祭と呼ばれる714日の革命記念日前夜に、フランス全土の消防署の中庭がバルミュゼットの会場となり、地域市民が踊りを楽しめるようなお祭りが伝統的に行われています。一方、日本でもまた同じように、夏になると全国各地で夏祭りが行われ、地域市民がゆかたで盆踊りを楽しむという習慣が古くから続いています。全く異なる2つの国で同じ時期に同じように伝統的に行われている「バルミュゼット」と「盆踊り」。この2つのダンスイベントをミックスした新しいダンスイベント、これが、ゆかたでバルミュゼットのコンセプトです。

shine■やまもとゆみが衣装と装飾をプロデュース!
そしてこの「ゆかたでバルミュゼット!」を華やかにプロデュースするのが、旅する着物作家 やまもと ゆみ。やまもとゆみは、現在、着物や帯、足袋などをトータルにデザイン制作する着物作家として活動しています。 従来の着物のイメージを覆すようなポップでモダンなデザインは世代を超えて圧倒的な支持を得ており、2010年より、パリ、ロンドン、アムステルダム、台北などでショーや展覧会を行うなど、世界各地でも活躍しています。ミュージシャン達が身につける和モダンな衣装と舞台装飾を音楽とともにお楽しみください。

shine■バルミュゼット東京2017は一日中楽しめるイベント!

heart04<バルミュゼット東京
2017 昼の部 ミュゼットマルシェ>heart04
・時間:11001500
・料金:1000円(ドリンク&お菓子代)※事前予約は不要です。

※夜の部のバルミュゼットにお越しのお客様は、無料でご入場いただけます。
・参加予定アーティスト:ChibiRu, Michiyo Yamashita , kinkong , モモリータ, やまもとゆみ、赤井由絵など 
※モモリータは作家不在、作品販売のみとなります。


「ミュゼットマルシェ」では、東京とパリのアーティストによるアクセサリーやイラスト、雑貨などの展示販売とともに、トイミュージックの作曲・演奏家である赤井由絵による蓄音機DJやトイ楽器の販売も行われます。また、料理番長こと鯨井真由美による美味しい軽食やお菓子の販売やMizueRieによるアコーディオンの生演奏も予定しています。 

heart04<バルミュゼット東京2017 夜の部 ライブ&ダンス>heart04
・時間:1900 開演 (18:00 開場) ※終演は21時過ぎを予定しております。
・料金:前売(予約)/3,500, 当日/4,000
(どちらもワンドリンクオーダーをお願いいたします)

☆前売チケットご予約者とゆかたでのご来場者には、当日ご来場時に、Rieからのパリのお土産プレゼントがあります。くじ引きにより、ダブルプレゼントもご用意しておりますのでどうぞお楽しみに!(プレゼントはお1人様につき1つとさせていただきます)

■前売チケットご予約方法
ご予約には3つの方法があります。お支払いはすべて当日お越しの際に、サラヴァ東京にてお願いいたします。
clip<電話によるご予約>
サラヴァ東京(tel 03-6427-8886)までお電話の上、公演日(729日のバルミュゼット東京)、お客様のお名前、希望枚数、ご連絡先をお伝えください。また、お電話は、お店の休業日を除く16:0019:00にお願いいたします。電話受付は、原則として公演日前日の19時までになります。
clip<サラヴァ東京のサイトの予約フォームによるご予約>
下記のアドレスからアクセスをお願いします。
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20170729.php

clip<メールによるご予約>
balmusettetokyo@gmail.com までメールでご予約ください。タイトルは「バルミュゼット東京チケット予約」としていただき、お客様のお名前、希望枚数、ご連絡先の電話番号をお書きください。メールが届きましたら確認のため返信いたしますので、12日経っても返信がない場合には再度お問い合わせください。

shine■バルミュゼット東京のミュージシャンのご紹介
今回このバルミュゼットの伴奏のために札幌から特別にやって来てくれるのが、バル・ミュゼット楽団ラ・ゾーヌ。この楽団は日本でも珍しい「踊れる」バル・ミュゼット楽団として活動しているグループで、アコーディオン、バンジョー、クラリネット、ピアノ、ドラム、キャブレット(フランスのオーヴェルニュ地方の伝統的バグパイプ)などの楽器隊5人と歌手2人によるライブは、バルミュゼットの本場、フランスにも招待されるほどの実力です。
7時から始まるライブは2部構成になっており、1部はラ・ゾーヌの演奏、2部は東京のミュージシャン達(アコーディオン、ギター、バイオリン、コントラバスなど)も加わって、さらに賑やかな演奏が繰り広げられます。また、ライブ中に、ラ・ゾーヌのメンバーによる、伝統的なミュゼットのダンスのレクチャーも行われる予定です。また、ダンスコンサートですが、ダンスをされない方のためにお席もご用意させていただきます。

clip<ラ・ゾーヌのメンバー>
長嶺 久美子(ボタンアコーディオン、キャブレット)、三重野 直美(ピアノ、グレロー)、小林 朋子(バンジョー、ギター)、長崎 亜希子(クラリネット、ボタンアコーディオン)、佐藤 いづみ(パーカッション、シロホン他)、赤間 蘭奢(あかまらんじゃ:ヴォーカル)、ダイナマイト あさの(ヴォーカル)
*ラ・ゾーヌのHP https://lazone.jimdo.com/ 

clip<東京からのゲストミュージシャン>
 

アコーディオン: 田ノ岡 三郎、岩城 里江子、安西 創、オラン、Rie
バイオリン:松尾嘉子
ギター:菅原 智明、Nicolas Carré(ニコラ・カレ)、
コントラバス:小笠原 崇道 

それでは、729日(土)、皆様のお越しをアーティスト、ミュージシャン、スタッフ一同心よりお待ちしております。

« 「かるふーる」情報いろいろ♪ | トップページ | 第11回 そよ風コンサート♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「かるふーる」情報いろいろ♪ | トップページ | 第11回 そよ風コンサート♪ »