フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 『 ピアソラ 永遠のリベルタンゴ 』 (映画)♪ | トップページ | 屋 繁男 詩と歌曲を唄う (10/29)♪ »

2018年9月16日 (日)

オルガン♪

 オルガンというと、私の子どもの頃は小学校の教室に足踏みオルガンがあって、音楽の時間には先生が弾くそのオルガンに合わせて歌っていました。私の家には足踏みではなく電気オルガンがあり、4歳から小学校1年生頃まで弾いていました。その後、ピアノを買ってもらってからはオルガンに触れる機会はなくなりました。知り合いの家に行って足踏みオルガンがあると何だか嬉しくて弾かせてもらっていた記憶があります。ピアノの澄んだ音色もきれいですが、オルガンの音色にはホッとするような温かみを感じる気がします。

 その後、パイプオルガンの音色にも惹かれるようになり、教会音楽などを聴く機会があると「大人になったらヨーロッパの教会へ行って弾いてみたい」と夢見るようになりました。実際にはヨーロッパの教会へ行っても気軽に弾かせてもらえる訳ではなく、実現はしていませんがhappy01

 先日、立川市市民会館の演奏会案内を眺めていたら、「持ち運び可能なパイプオルガン、ポジティフ・オルガン」という表現があり、何だろうと思いました。アコーディオンのように持ち運べるパイプ・オルガンがあるのかなと気になり、調べてみました。すると、アコーディオン程の小型ではないけれど、まあ車に乗せて運べるのかなというサイズのパイプオルガンのことを言うようです。そして、更に小さいポルタティフ・オルガンというのがあって、こちらは本当にアコーディオンのようなサイズで鞴(ふいご)で空気を送りながら演奏をしている動画もありました。

 世の中にはいろいろな楽器があって面白いですね♪ 興味のある方は以下でいろいろな楽器を見ることができます。

*http://positive.efpeckorgan.net/index.php?FrontPage (オルガンについて)

*https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201710/0010679442.shtml(ポルタティフオルガンを手作りで再現している方がいらっしゃるそうです!)

*ポルタティフオルガン(画像):https://www.google.co.jp/search?lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7GGHP_jaJP670&tbs=lr:lang_1ja&tbm=isch&q=%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3&chips=q:%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%BF+%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95+%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3,online_chips:%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3,online_chips:%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%95&sa=X&ved=0ahUKEwi6xuzCsb7dAhVM57wKHcYmCbAQ4lYIKCgA&biw=1186&bih=657&dpr=0.95

*ポルタティフオルガン:https://ameblo.jp/decolina-ibuchi/entry-12318585725.html

*ポルタティフオルガンの演奏:https://www.youtube.com/watch?v=PhMIADK_geg

« 『 ピアソラ 永遠のリベルタンゴ 』 (映画)♪ | トップページ | 屋 繁男 詩と歌曲を唄う (10/29)♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 ピアソラ 永遠のリベルタンゴ 』 (映画)♪ | トップページ | 屋 繁男 詩と歌曲を唄う (10/29)♪ »