フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 屋 繁男 詩と歌曲を唄う (10/29)♪ | トップページ | アコーディオン奏者の二人組「巡(めぐり)」♪ »

2018年9月19日 (水)

音響設計士 永田穂(みのる)さん♪

 少し前の新聞の訃報欄に「音響設計士 永田穂(ながたみのる)」 さんのことが書かれていました。全く知らない方だったのですが、音響設計士とはどんな仕事をするのだろうと興味が湧いて読んでみました。私は耳があまり繊細にできていないようで、音響のことなどには結構無頓着なのですが、音響の良し悪しは演奏者にとっても聴衆にとっても大切なことなのだと思います。

 「人生で音楽から離れたのは、勤労動員の時だけ。敵機の高度を聴き分けることに音楽家が奉仕する時代が、二度と来ることのないように。」 とありました。本当にそう願います。

 そして更に心に響いたのは「他者の音に耳を澄ますということは、あらゆる命の営みを受け入れ、ともに生きるということ。」という永田さんの信条。

 9/24(月・祝)の関東アコでは多くの方たちの演奏に耳を澄ませて、練習を積み重ねていらっしゃった出場者の皆さんの命の営みを受け入れ、ともに生きてみたいと思います。

 今週月曜日(9/17)の「情熱タイム」の時間には、ゲストの後藤ミホコさんも「関東アコ」のことに触れていらっしゃいました。当日は30分ほどの演奏を楽しめるようです♪ この日の番組冒頭の独奏は「リベルタンゴ」でしたよ。
clip「後藤ミホコの情熱タイム」:http://palau-links.com/palau-new/radio-2-8-ten.html

clip「関東アコ」詳細(当日の進行など): http://www.kanto-acco.jp/jikkouiinkainews/anaunce+1805p1-p4.pdf

clip永田穂さんのこと:https://m-festival.biz/4661

« 屋 繁男 詩と歌曲を唄う (10/29)♪ | トップページ | アコーディオン奏者の二人組「巡(めぐり)」♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋 繁男 詩と歌曲を唄う (10/29)♪ | トップページ | アコーディオン奏者の二人組「巡(めぐり)」♪ »