フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 『池内 光子 晩秋プレミアムライブ』11/1♪ | トップページ | 伊藤ちか子さんのライブ情報♪ »

2019年10月29日 (火)

浅草オペラ「ああ 夢の街 浅草!」♪

 例によって何日か遅れで新聞をめくっていたところ、先週土曜日の夕刊に「浅草オペラ」の紹介記事がありました。写真の片隅にボタンアコ奏者の姿を見つけて興味を持って読んでみました。何だかとても楽しそうな内容です。11/14まで続くという公演の紹介サイトを見つけました。アコーディオン奏者には大田智美さんと千羽菜月さんのお名前がありました。興味のある方は以下で詳細をご覧になれますよ。

●ああ 夢の街 浅草!:https://katsuben.com/event_info/1910-11asakusa_opera/

« 『池内 光子 晩秋プレミアムライブ』11/1♪ | トップページ | 伊藤ちか子さんのライブ情報♪ »

コメント

ワリタエリコさん、いつもコメント投稿ありがとうございます♥
浅草オペラや無声映画、私もとっても興味があります。ワリタさんは楽しんでいらしたのですね!
羨ましいです~(^-^)
大田先生のアコーディオンなど楽隊の生演奏付きでのオペラや映画を楽しめるなんて、かなり贅沢なひとときですね♪ 私もいつか行ってみたいです!
山田武彦さんという素晴らしいピアニストさんも、お名前を憶えておきますねぇ~♪

追記2.度々すみません。手帳を見返してみましたら、6月末と思っておりましたが7月4日でした。
素晴らしいピアニストは山田武彦さんです。

追記・私が鑑賞したのは今回のくどうさんご紹介の記事と同じ弁士さんの興行でした。父娘で弁士なのです。

今年は浅草オペラアニバーサリーとの事で、6月に楽師と弁士による活動(無声映画)と浅草オペラのだしものを鑑賞しました。
活動は日本の恋悲ものとチャップリンのドタバタ喜劇の二本立て。
第二部は歌手による浅草オペラ「カルメン」「蝶々婦人」抜粋のアリア、ダンス付きでした。楽しい2時間でした。弁士のついた映画を初めて観ました。
お客様はほぼ高齢者で、場所も浅草公会堂です。
大田先生がアコーディオンで参加されてました。楽隊の規模は小さいのですがそれがまたレトロな映画にいい感じにマッチしてました。構成はピアノ、アコーディオン、クラリネット、バイオリンだったと思います。
ピアニストがちょっと凄かったです。巧みで、上手くて。。。切ない別れのシーンで奏でるのは、ショパンのようでショパンじゃなく、聴いたことあるけど聴いたこと無いメロディーが次から次へと。プロフィールを見ると芸大卒のピアニストでした。さすが芸大。。と思いながら帰路につきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『池内 光子 晩秋プレミアムライブ』11/1♪ | トップページ | 伊藤ちか子さんのライブ情報♪ »