フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ナザールボンジュウ♡ | トップページ | 朝の収穫 »

2020年4月26日 (日)

レ・ミゼラブル

 このところ日曜日の夜の楽しみはNHKで放送中の「レ・ミゼラブル」。夜遅い時間は苦手なので、録画しておいて見るのは翌日ですが、ストーリーは知っているにもかかわらずハラハラドキドキです。朝ドラ以外は、ほとんどドラマは見ないのですが、これは興味が湧いて初回から見ています。というのも、昨秋、4年ぐらいかけて読んでいた小説版の「レ・ミゼラブル」を読み終えたばかりだったからです。結構な厚みのある文庫本5冊の読破は私にとっては少々苦行でもあり、途中の歴史的背景とか様々な細かい描写が長く続くところへ来ると飽きてしまって放置する、暫くしてまた話の続きが気になって読み始めるということを繰り返していたら4年ほどが過ぎていたという訳です。
 夫が、亡くなる直前まで楽しそうに読んでいたので、どんなに面白い内容だろうかと期待して読み始めたのですが(子どもの頃「ああ、無常」という簡略版は読んだものの内容はほぼ忘れてしまっていました)、あまりの寄り道の多さに少々辟易しました。歴史研究者であった夫には、私には退屈であった部分こそ、本筋以上に面白かったのかもしれません。とはいえ、私にも読み終わっての感動は確かにありました。
 NHKで放送中のものは、もちろん、かなり端折った内容になっていますが、それなりに楽しんでいます。ちょっと皮肉なことに、ドラマ化する際に省略された部分のことを小説で一通り読んでいるからこそ楽しめているような気がします(「読んでおいて良かった!」という感じです)。あと2回で終わってしまうのですが、ラストシーンも知っているにもかかわらず、また明日もドキドキしながら見ることになりそうです。

●ドラマ版「レ・ミゼラブル」(NHK):https://www4.nhk.or.jp/les-miserables/

●私の読んだ文庫版「レ・ミゼラブル」:https://www.chikumashobo.co.jp/author/004426/

« ナザールボンジュウ♡ | トップページ | 朝の収穫 »

コメント

♪shiho さん、コメント投稿ありがとうございます!
お仲間がいらして嬉しいです~♡
私はミュージカルを見ていないので、いつか見に行きたいなぁと思っています(^-^)

私も見ています~!
ミュージカルとは違う面白さがありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナザールボンジュウ♡ | トップページ | 朝の収穫 »