フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 水俣から考える(1)(2) | トップページ | 朝ドラ「エール」♪ »

2020年6月25日 (木)

アンネ・フランクの家

 一昨日の新聞で、広島県福山市に「ホロコースト記念館」というのがあること、今年はアンネ・フランクの没後75周年の節目であることなどを知りました。記事の中に、様々な差別を克服するには歴史を学ぶしかないというような内容が書かれていました。受験生の時期に学んだ歴史は、私の場合どうも頭の中を素通りしてしまったようで、恥ずかしいぐらい忘れてしまっています。今になって歴史を学ぶことの大切さに気付き面白さに目覚めて、最近は本当に基本的な部分から学び直しを始めています。

 年齢的に記憶力も衰えて、冷蔵庫の扉の前まで行って「さて何を取り出そうと思ったんだっけ?」というようなことも多いのですが、一方で古い記憶が突然に蘇ることもありますね。上記の記事を読みながら、そういえば私は「アンネ・フランクの家」へ行ったことがあったのではないかという気がしたのです。頭の中の引き出しと実際の家の中の引き出しをあちらこちら開けてみたら、ありました。1981年3月にアムステルダムにある「アンネ・フランクの家」を訪れた際にもらってきた日本語のパンフレットが残っていました。日本からの観光客が多いのでしょう。日本語の詳細な手書きのパンフレットがありました。

●「アンネ・フランクの家」:https://www.holland.com/jp/tourism/destinations/amsterdam/museums/anne-frank-house-jp.htm

 戦後75年ということで、戦争の記憶を持つ人が少なくなっていく今、自分とは関係のないことと思ってはいけないですね。自分の父親など身近な人たちから話を聞く機会のある時には、大事な語り継ぎの場だと思って、しっかりと聞かなくてはと思います。

1593064749531

« 水俣から考える(1)(2) | トップページ | 朝ドラ「エール」♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水俣から考える(1)(2) | トップページ | 朝ドラ「エール」♪ »