フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

9/6(日)「かるふーる」の開催予定

 新規お申し込み締め切りだった昨日までに3名のお申し込みがあり、7月の参加者と合わせてのご希望者が10名となりました。こんな状況の中だからこそ実際に集まっての交流の場を求めていらっしゃる方たちに、できれば安心して集まって頂きたいと思い、入替制にして少人数で2回の開催とすることとしました。状況次第で中止の可能性もありますが、一応9/6(日)の「かるふーる」は開催の予定としています。

 「かるふーる」開催について現時点で私の考えていることを、9月「かるふーる」参加予定の皆さんへお送りしたメールから抜粋で記しておきます。

********************

【入替制で2回に分けて開催時のタイムスケジュール】
12:30 開場
13:00~14:20 前半
14:20~15:00 換気及び人の入替
(前半の方は14:30までに退出、後半の方は14:30以降入店)
15:00~16:20 後半

既にお知らせしています通り、これまでとは異なる新しいスタイルでの開催となります。
*定員を少なくし対面とならないようにお席をコの字型に配置し、適宜窓を開けて換気も行います
*マスク着用と入店時の手洗いか手指消毒をお願いします
*珈琲タイム(休憩時間)は設けませんので、配膳されたお飲み物を各自お好きなタイミングで飲んで頂き、その間だけマスクは外して構いません
*マスクを外す際には不用意にテーブルに置いたりはせずにバッグの中などへしまってください

*基本的には近況報告などもステージで演奏時にまとめてやっていただくこととし、その際にはマスクを外しても構いません
 (ステージと客席とは距離をとれるため)
*お席で他の方とお話する場合は互いに接近しすぎないようにご注意ください
*お帰りの際にマスクやティッシュ、ペットボトルなどのゴミも残していかないように配慮をお願いします
*珈琲タイムにはいつも差し入れのお菓子で楽しませていただいて感謝をしてきましたが、感染症終息までは差し入れのお菓子もご遠慮します
*感染状況悪化により前日までに中止を決めた場合には、参加予定の方へは工藤よりメールでご連絡をしますが、確認のため空メールでも構いませんので返信をお願いします
*当日は検温の上、お熱のある場合や体調の悪い場合は必ずキャンセルをお願いします(ご連絡もお願いします)

 首都圏の現状では誰が感染していてもおかしくはないと思われます。万が一、参加者の中に無症状感染者がいたとしても他の人に感染させないということが大切で、そのためには各自が細心の注意を払い自分自身と周りの人の健康を考える必要があります。感染症と上手に付き合いながら経済や社会も回していくという事を、この先まだ長く続けていかなくてはならないようなので、充分に配慮をしながら試行錯誤もしながら、「かるふーる」開催についても悩みながら考えていきたいと思っています。「かるふーる」開催後に感染者が複数出るようなことになりませんよう、ご協力よろしくお願いします。

 念のためにですが、後になって参加者の中から感染確認されるような方が出ても責めるようなことは決してありませんので(これは「お互いさま」です)、万が一の場合は、工藤までお知らせ下さるようにお願いします。私自身、職場では換気は充分しているものの密接・密集状態の中で仕事をしているので、常に不安を感じています。これは本当に万が一のことですが、参加者のうちのどなたかが感染していることが分かったような場合には、速やかに情報共有をして自宅で一定期間様子をみるなりPCR検査を検討するなり対処できるようにしておきたいと思います。細々としたことを書いて申し訳ありませんが、対策をした上で、これからも安心して「かるふーる」開催ができるようにと思っています。

 感染者確認数の急増がなく、9/6(日)に皆さんと安心して集えることを願っています

**********************

 10月、11月の「かるふーる」についてはミニライブご希望者がいらっしゃいますので、開催形態・時間など、相談をした上で改めてお知らせをする予定です。

Bocca della Verità #2

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2020/08/post-3d0ca7.html

上記記事で残念ながら見逃したことを書きましたが、cobaチャンネルでダイジェスト版がアップロードされていました。cobaさんの生演奏やお話が聴けますよ。配信や曲のタイトルに関わるご苦労など、いろいろと楽しいお話も。

●Bocca della Verità #2:https://www.youtube.com/watch?v=mxyt5JU_e30

2020年8月30日 (日)

後藤ミホコ ライブ収録配信 vol.1♪

 楽しみにしていた後藤ミホコさんのライブ収録配信、とても良かったです。映像も音質もとても良く、1時間の中に簡単な楽器解説や演奏曲の説明も含めながら8曲。後藤さんのオリジナルが2曲の他、クラシック名曲のアレンジ、ピアソラのタンゴ、マイケルジャクソンの曲、最後は美しい日本の曲でした。後藤さん、アコーディオンの音色にたっぷりと浸ることができる素敵な時間をありがとうございました。

 音楽家の皆さん、それぞれに工夫をなさって音楽文化が絶えないように頑張ってくださっていますね。音楽が大好きな私たちも、自分にできる形で応援していきたいですね♪

 後藤ミホコさんの今回の有料ライブ配信は9/13(日)までで、一度チケットを購入すると、その後は期間内に何度でも聴けるそうです。私は、たまたまYahoo携帯を使っていてYahooIDを持っているため申し込みがとても簡単にできましたが、持っていなくても大丈夫です。興味のある方は、後藤さんのオフィシャルサイトやブログから申し込みができますよ。

●後藤さんのオフィシャルサイト:https://www.mihoko-goto.jp/

●後藤さんのブログ:https://blog.goo.ne.jp/lilac1218mg

2020年8月29日 (土)

吉岡たすくさん

 毎週土曜日の早朝に放映されている「テレビ寺子屋」という番組は子育てに役立つような内容が多いのですが、このところ何回かは児童文化研究家:吉岡たすくさんのお話をピックアップして再放送しています。もう20年も前に亡くなっている方なのですが、お話の内容は古びてなくて普遍性があるなと思いながら毎回見ています。今朝のテーマは「みんな同じでなくてもよい」ということでした。大人は、ついつい子どもたちに対して「こういう時には、こういう風にやるもの」と決めつけて型にはめてしまいがちですが、そうでなくていいのではないかというメッセージでした。バラやスミレやタンポポ、どの花にもれぞれの魅力があります。一人一人の子どもに異なる個性があり、成長のスピードも違うわけで、一つの型にはめて同じような子どもを大勢育てることが人としての健やかな成長につながるのかなという問いかけをされているようでした。

 子どもに限らず、周りと同じようにできないとダメ、周りと同じような行動をとることが最善策と思いこまずに、それぞれが自分らしい人生を送るためには他人と同じでなくてもよいのだと皆が思えると、少し生きやすい社会になるのかななんて思います。もちろん、周りの人たちに迷惑をかけないという前提があってのことではありますが。

●吉岡たすくさん:https://www.sut-tv.com/show/terakoya/lecturer/post_364/

●今日のお話の要点:https://www.sut-tv.com/show/terakoya/backnumber/post_558/

2020年8月28日 (金)

寝たきり社長の突破力

 新聞の連載で「寝たきり社長の突破力」というのを読んで、すごい人がいるもんだと思いました。佐藤仙務(さとうひさむ)さんは生まれつきの難病で体の自由が利かない状態でありながら、19歳でウェブ制作会社を設立し「寝たきり社長」として講演や執筆活動もなさっているそうです。連載を読みながら、より良く生きるためのヒントをたくさん頂きました。この連載記事は朝日新聞デジタルの医療サイト・アピタルで毎月2回配信しているそうなので、興味のある方はどうぞ。障がいを持ちながらも上手く付き合いながら社会の中で活躍できるということを発信なさっていること、素晴らしいなと思います。

 障がいは加齢とともに自分とも無関係ではないなと感じます。病気や怪我などで手足が不自由になることは十分にあり得ると思い、とっても小さなことですが、時々左手で箸を持って食事をするようにしています。万が一右手が使えなくなった時に左手で食事ができるようになんて考えて(食いしん坊の私の考えそうなことでしょう?)。あと、基本的にはアナログ志向人間でパソコンやスマホで新しいことを覚えるのは苦手ですが、こういうものを使いこなせる方が高齢になってからも役に立つことが多そうだなと思ったりします。

●寝たきり社長の突破力 記事一覧:http://www.asahi.com/apital/healthguide/netakirishacho/list.html?iref=com_api_hea_netakirishachotop

●寝たきり、「働く場所がない」 声と指1本からのMBA:https://www.asahi.com/articles/ASN683VKLN68UBQU001.html?iref=com_api_hea_netakirishacholist

●障がい者の僕が「あつまれ どうぶつの森」で伝えたい事:https://www.asahi.com/articles/ASN6N5Q9YN6NUBQU001.html?iref=com_api_hea_netakirishacholist

●短冊に書かなかった本当の願い 母は寂しそうに笑った:https://www.asahi.com/articles/ASN734SVBN72UBQU007.html?iref=com_api_hea_netakirishacholist

●「他の人に迷惑」と言われ、思わず謝った寝たきりの私:https://www.asahi.com/articles/ASN7L6JTWN7LUBQU001.html?iref=com_api_hea_netakirishacholist

●差別されても 障害者の私がネガティブ投稿しないわけ:https://www.asahi.com/articles/ASN864339N86UBQU001.html?iref=com_api_hea_netakirishacholist

●YouTubeチャンネル「ひさむちゃん寝る」:https://www.youtube.com/watch?v=57rLDesAX0Q(生の声がきけますよ。チャンネルのネーミングがまた素晴らしい!)

2020年8月27日 (木)

「アートにエールを!」

 きっと、とっくにご存じの方が多いことと思いますが、私は「アートにエールを!」というプロジェクトのことをよく知らずにいました。アコーディオン奏者の方も大勢参加なさっているのですね! 「アコーディオン」で検索すると、楽香のお二人の他にも、田ノ岡三郎さんやオランさんの参加なさっているものもありました。「かるふーる」にご縁のある方々がご活躍なさっています♪ お時間のある方はじっくりとお楽しみくださいませ。

https://cheerforart.jp/search?mode=search&search_item=%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%B3&image%5Bconfirm%5D=

 

楽香(らっきょ)の「バスに乗って」♪

 「はるもにあ」でライブをやって下さったこともある楽香(らっきょ)のお二人の「バスに乗って」が東京都の「アートにエールを!」プロジェクトに参加なさっているようです。岩城里江子さんのアコーディオンと「さわきょうこ」さんの語りが心にしみてきますよ。少し長いですが、心に残る時間を過ごせます。

https://cheerforart.jp/detail/3216?fbclid=IwAR2dejVKEw2ACzJ25MLZS9nsQtytVs69___QNFZPcYMckFBRkc3hd_X1AsI

 

 楽香のホームページからは「なんでもない普通の1日」という別の動画(無観客ライブ)も見られます。こちらも「はるもにあ」でやって頂いた懐かしい演目です。

https://rakukyo.wixsite.com/mysite?fbclid=IwAR1deLzo6Obh4HEujujX9pmLiuZJZBnDZBhD1hqyFP0SSvbJVu23HKC9Els

配信ライブいろいろ♪

 「かるふーる」のお仲間の皆さんも配信ライブをいろいろとなさっているようですね!

●「しまーち」さん:https://ameblo.jp/shima-acco/entry-12620398371.html(今夜20時からあるようです)

●後藤ミホコさん:https://blog.goo.ne.jp/lilac1218mg/e/633960179e78fe37fa49aab8d57fec13

●田ノ岡三郎さん:https://ameblo.jp/saburot/
 (配信ライブの他にテレビ出演情報もありました)

 これらの情報は「かなかな」さんのサイトから頂きました。いつもありがとうございます♪

●アコーディオン リンク集:

https://yyhs.sakura.ne.jp/webapp/link/WebLink.php?site_id=1000

2020年8月26日 (水)

帰りたいけど・・・

  東京在住の娘が来るなんて絶対に嫌な顔をされるだろうと思うと、父のいる施設に会いに行きたいと思っても帰省する勇気がまだ出ません。今のところ体調が悪いようではないのが幸いです。近くのスーパーで九州物産展をやっていて子どもの頃から慣れ親しんだお菓子を売っていたので買ってきました。帰省して東京へ戻る際にも父がよく持たせてくれた大分銘菓「ざびえる」です。

 このお菓子には「金のざびえる」「銀のざびえる」と2種類の味があって、金の方にはラム酒漬けの刻みレーズンが入っています。プレーンの白餡よりレーズン入りの方が好きです。

●ざびえる本舗:https://www.rakuten.ne.jp/gold/onsenken-oita/zabieru_sp.html

 フランシスコ・ザビエルはカトリック教会の司祭で、日本に初めてキリスト教を伝えた人だそうです。1551年に豊後の国(現在の大分県)を訪れて大友宗麟の庇護のもと布教をし南蛮文化を伝えたとのことで、その功績を称えて生まれたお菓子なんだとか。

1598383964672

 

とりさん、おはよう!

  早朝5時半ごろの上水小橋。渡り鳥でしょうか。時折見かける大きな鳥がいました。いつも居る訳ではない生き物を見かけると、何だか嬉しい気持ちになります。

1598397399480

2020年8月25日 (火)

戦後75年特集「戦争童画集」

 昨夜NHKで放送された戦後75年特集番組を見ました。吉永小百合さんが案内役となり若い世代に戦争の記憶を語り継いでいこうという内容です。この夏は、沖縄・広島・長崎・アウシュビッツなどに関する特集番組や映画をいろいろと見ました。今まで如何に無関心でいたかということを反省しつつ、まだまだ知らないことや理解できていないことばかりなので、これからも学び続けたいと思います。

 吉永小百合さんの出演作も「あゝひめゆりの塔」「母と暮せば」を見て、広島と長崎の原爆に関する朗読CDも繰り返して聴きました。吉永さんは、戦争だけでなく福島での原発事故により辛い思いをしている人たちの詩の朗読もなさっているそうです。終戦の年の3月に生まれた吉永さんが、一人の人間として伝えていかなくてはと感じていることを大切なメッセージとして受け取りたいなと思いながら、今回の特集も見ました。9/6(日)に再放送も予定されているようです。

●戦後75年特集「戦争童画集 ~75年目のショートストーリー~」:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=24564

2020年8月24日 (月)

処暑(しょしょ)・新涼(しんりょう)

 「処暑(しょしょ)」とは二十四節気の一つで暑さが落ち着く時期、現行の太陽暦の8/23頃だそうです。暦通りだったのか、昨日は少し涼しくなり扇風機だけで一日過ごせました。朝の緑道ウォーキングでもセミの声があまり聞こえませんでした。一昨日の新聞でまた新しい言葉を一つ覚えました。秋に入ってすぐの涼しさのことを「新涼(しんりょう)」と呼ぶのだそうです。俳句の季語でもあるようで、「涼し」だと夏の季語だけど「新涼」となると秋の季語になるようです。面白いですね!

 さて昨日の涼しさは「新涼」と言えるのかどうか? 8/7が立秋だったので「新涼」と呼んでもよいのでしょうか。まだ30℃を超える日は続きそうなので、秋になったという実感はありませんが。

2020年8月23日 (日)

オーケストリオン♪

 先日、見ていた音楽番組の中に「オーケストリオン」というのが出てきて面白いものがあるんだなぁと思いました。日本にも何台かあるようです。こういうのは子どもも喜びますね♪ 機械仕掛けのものが大好きな大人も楽しいでしょうね♪

●日本に何台?珍しい楽器 美術館のオーケストリオン:https://www.youtube.com/watch?v=DBdaXVqPfls

●Seeburg H オーケストリオン:https://www.youtube.com/watch?v=XEZbji5N_Ic

●Seeburg Style H Orchestrion plays Maple Leaf Rag:https://www.youtube.com/watch?v=mm2uvxqbUEc

●Koenigsberg Orchestrion - M.E.M:https://www.youtube.com/watch?v=KzwrXQ4Or4A(ボタンアコも自動演奏してますよ♪!)

●Th. Mortier Orchestrion / Café Organ - Stahls Automotive Foundation:https://www.youtube.com/watch?v=XQI6DUCbDd0(こちらはピアノ鍵盤式アコーディオン♪!)

●Lot 905: 1926 Weber Maesto Orchestrion:https://www.youtube.com/watch?v=CBiVxEoOOZ0(内部の仕組みに興味のある方は面白いかもしれません、メカ好きの方など。)

●オーケストリオン:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

2020年8月22日 (土)

Bocca della Verità(cobaさんライブ配信)♪

 久しぶりに好きなシャンソン歌手のイヴ・デュテイユの歌を聴きたいなとYouTubeで探して聴いていたら、何故か脇にcobaチャンネル「ライブ配信中」との表示が赤枠で囲まれて目立つように出ていました。いろんな方のYouTubeチャンネルを登録だけしているものの頻繁に見に行くということをしないもので、「こんな配信やっていたんだ」と後から気付くようなことが多い残念な人になっている工藤です。今日の配信は気付いたのは終わる直前でした。

 ただ、次回の配信が9/21(月・祝)の15時からだということは分かったのでカレンダーに書いておきました。それから、延期になっていたcobaさんの全国ツアーが10月から再開する予定だという話もありました。

 8/13に第一回目のライブ配信があったようで、そのダイジェスト版はcobaチャンネル内から見ることができました。いろいろな情報あり、独奏あり、お料理レシピあり、と楽しい内容でした。調律師の渡辺節男(さだお)さんのお話も出てきて、私もお世話になって大好きな方だったので懐かしく思い出しました。

●Bocca della Verità #1:https://www.youtube.com/watch?v=mIH5iTY2_Nw

 今日の配信もそのうちにcobaチャンネルで見られるようになるのかなと期待しています。

●cobaチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCH4_t-ZuPoXg2BYQUNGT68Q

●cobaさんのHP:https://www.coba-net.com/

 

2020年8月21日 (金)

「思い込み」注意

 8/16(日)の朝日新聞朝刊「天声人語」を読んで思ったこと。

 作詞家のなかにし礼さんが大陸からの引き揚げ船の中でラジオから流れてきた「リンゴの唄」を初めて耳にした時に「命からがら逃げつづけた同胞が、まだ母国の土を踏んでいないのに。なぜ平気で、こんな明るい歌が歌えるんだろう」と悲しくて泣いたと著書『歌謡曲から「昭和」を読む』に書かれているそうです。「終戦直後の流行歌に誰もが励まされたわけではなかった」ようです。

 「リンゴの唄」「青い山脈」などの超有名な戦後の流行歌は高齢者施設などで伴奏して皆さんで歌って頂くことが多いですが、誰もが大好きな曲という訳ではなく、中には好きではないとか聞くと辛いとかマイナスの感情を抱く方もいるかもしれないということを頭の片隅に置いておきたいなと思いました。

 物事あるいは人についても言えますが、好き嫌いはあって当然で、歌についても100人いれば100人全員が好きな曲はないかもしれません。自分が好きなものや多くの人が好むものを誰もが同じように好きな訳ではないことを忘れないようにしたいと思いました。実際には、施設などで歌の伴奏をする際の選曲は多くの方が好みそうなものを選ぶ訳で、「この曲が好きでない方がいたらどうしよう・・・」などとは考えませんが、なかにし礼さんのような方もいるかもしれないと少しだけ意識しようかなと。

2020年8月20日 (木)

映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」

 映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」をみました。マルタ・アルゲリッチが有名なピアニストだということは知っていましたが、演奏会へ行ったことも、CDなどでじっくりと聴いたこともありませんでした。ただ、私の出身地である大分県にある別府市で「別府アルゲリッチ音楽祭」というのが毎年開催されていることは知っていたので興味がありました。8/16にテレビで放映されていたので録画しておいて昨日みたのですが、思っていた以上に面白い映画でした。芸術家・演奏家としての姿の裏側にある一人の人間としての生きる姿を三女であるステファニー・アルゲリッチが密着して作り上げた音楽ドキュメンタリーでしたが、とても興味深くみました。時に気まぐれな人のようにも気難しい人のようにも見える彼女が抱える孤独や不安、そして父親の異なる三人の娘さんたちへ注ぐ愛情に溢れた眼差し。見終えた時に心地よい余韻が残りました。

●予告編:https://www.youtube.com/watch?v=TT4jalPMq_I#:~:text=%E3%81%93%E3%81%9D%E3%80%81%E9%9F%B3%E6%A5%BD%EF%BC%81%E3%80%8F-,%EF%BC%99%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%97%E6%97%A5%EF%BC%88%E5%9C%9F%EF%BC%89%E3%82%88%E3%82%8ABunkamura,%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%81%BB%E3%81%8B%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%85%AC%E9%96%8B%EF%BC%81&text=%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF,%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A8%98...%E3%80%82

真夏のオリオンン座☆彡

 オリオン座といえば、冬の寒い時期に仕事帰りの夜8時や9時に空を見上げて楽しむものと思っていましたが、なんと今朝見つけたのです!

 4時ちょうどに目が覚め、まだ暗いけれど空気の入れ替えをしようとカーテンと窓を開け、ふと空を見上げると、名前は分かりませんがひときわ輝く星の少し隣にオリオン座が見えるのです。この季節に見られるとは思っていなかったので、何だか今日はいいことがありそうだと気持ちが少しウキウキしました。小学生の頃から何故だかオリオン座を見ると幸せな気持ちになるのです。

 そして午後になり、なんと本当に良いことがありました。詳細は割愛しますが、嬉しい知らせがあり小躍りしてしまいました。私にとっては幸せを運ぶ星座であるオリオン座に感謝です。

2020年8月19日 (水)

暗号班

 8/13にNHKで放送された「#あちこちのすずさん 戦争中の青春をアニメで!千原ジュニア&八乙女&伊野尾」の録画を今朝見ました。戦時中の様々なエピソードには思わず笑顔になるようなものもあれば、考えさせられるものもあり、またまた学ぶこと・得ることの多い番組でした。その中で一番驚いたエピソードは、広島の女学生たちが軍の命令により「暗号班」というものに組み入れられて暗号解読の作業をさせられていたという話。その話の真偽を辿っていく中で、その作業に実際に関わっていたというサーロー節子さんからの話を聞けたことも貴重なことでした。

 サーロー節子さんと言えば、被爆者として平和を訴え続け核廃絶を目指す活動をなさっている方です。昨年の秋、カナダ在住のサーロー節子さんが青山学院女子短期大学で講演会をやるから一緒に行きませんかと誘われたのに都合がつかず行けなかったことが今になってとても残念です。その頃はまだ「サーロー節子という名前は何となく聞いたことはあるけれど」程度の認識しかありませんでした。

 前線から届く暗号メッセージの解読作業に女学生が動員され、その訓練期間を終え解読助手としての作業初日、さあ作業という時にすさまじい閃光に包まれ体ごと吹き飛ばされたのは13歳と7ヶ月だったということをサーロー節子さんが語っているサイトを見つけました。サーロー節子さんのことをもっともっと知りたくなりました。

●中国新聞[ヒロシマ平和メディアセンター」のサイト:http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=85704

●「#あちこちのすずさん 戦争中の青春をアニメで!千原ジュニア&八乙女&伊野尾」:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-08-13&ch=21&eid=02861&f=6553

 再放送予定はないようですが、NHKプラスを見られる方は8/20(木)午後11:13まで見らるそうです。暗号班の話の他にも感動的なエピソードもありました。
https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2020081302861

2020年8月18日 (火)

新しい靴

 相変わらずの残暑ですが、お盆休みも終わり通常運転に戻られた方が多いでしょうか?(もしかすると休みもなくお仕事なさっていた方もいらっしゃるかもしれません。ご苦労さまです!)

 私は、今日は予定外の仕事で臨時収入があったため、思い切ってウォーキング用の靴を買って帰りました。ここ何ヶ月かは、ずいぶん昔に買ったまま多分10年ぐらい履いていなかった靴で毎日のように歩いていたのですが、ちゃんとしたウォーキング用の靴ではなく歩き辛かった上に、経年劣化のせいか靴底が剥がれてきました(まだ5ヶ月位しか履いていないのに!)。歩いているうちに靴底が取れてしまう前に気付いて良かったと、今日は幾つか試し履きをして歩きやすそうな靴を選んできました。明日の朝、歩きに出かけるのが楽しみです。

2020年8月17日 (月)

「カウンターテナーの魅力」♪

 何となく知っている気になっていて実はちゃんと分かっていない単語って沢山ありますね! 先週金曜日に放送された「ららら♪クラシック」ではカウンターテナーというのが何を意味するのか知ることができました。同じ音域で歌っていても女声のメゾソプラノで歌うのと、男声のカウンターテナーで歌うのでは微妙に異なる表現となるということも面白かったし、カウンターテナーとカストラートの違いも理解しました。世界的に活躍なさっているというカウンターテナーの藤木大地さんの歌声、不思議な魅力でした♪

●「カウンターテナーの魅力」:https://www.nhk.jp/p/lalala/ts/57LY35Q588/episode/te/2L3Z8PY984/

●再放送予定:https://www.nhk.jp/p/lalala/ts/57LY35Q588/schedule/

2020年8月16日 (日)

ドラマ「太陽の子」

 昨夜NHKで放送された「太陽の子」というドラマ、出演俳優さんの一人の子どもの頃を知っているため、成長した姿を見たくて録画しておきました。今朝になって見たのですが、日本もまた原爆を作ろうとしていたという事実を知り驚きました。(恥ずかしながら、このことを知らずにいました。)

 史実に基づくドラマやドキュメンタリー番組・映画などからは、様々なことを知って驚くことが多いです。最近、BLM(ブラック・ライブズ・マター)を理解する上で役に立つからと知人に勧められてみたドキュメンタリー番組でも、アメリカでの驚くべき事実を知り衝撃を受けてしまいました。

 無知ゆえの思い込みや偏った考え方で世の中を見ないように、常に頭も心も柔軟にオープンに保っていなくてはいけないなぁと思います。

●「太陽の子」https://www.nhk.jp/p/ts/N84926PNYG/

8/19に再放送もあるようです:https://www.nhk.jp/p/ts/N84926PNYG/schedule/

教養

 今朝の新聞記事から

「教養って、行き詰っているときに、どこか思わぬ方向から、光が差し込んでくる、その光の源だと思う。」

 イスラム地域研究者の内藤正典さんの8/5付けのツイッターにあった言葉だそうです。

 いい捉え方だなぁとすっと心に残りました。

8/16付、朝日新聞朝刊「折々のことば」(鷲田清一さん)より

残暑お見舞い申し上げます

 お盆休みが終わると同時に日々続く暑さも終わって欲しいですねぇ~。皆さん、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 これだけ暑いと朝5時過ぎから歩いても帰宅する頃には衣類はグッショリです。それでも、建物内に籠った熱が抜けていかないマンションの中よりは外の方が涼しいですが。緑道の途中にある森田オープンガーデンで、昨日は普通の倍ぐらいあるジャンボサイズのミョウガ、今日はジャム用の小粒のブルーベリーを買いました。ブルーベリーは早速ジャムにして朝食のヨーグルトに載せました。美味しかったです。東大和市でも栽培されていますが、隣の小平市ではブルーベリー栽培が盛んです。ブルーベリー狩りのできるところもあるそうです。体にも良いと言われているようなので、旬の時期にはたくさん食べたいですね。

1597537024024

2020年8月15日 (土)

終戦の日

 75年前の8月15日、私はまだ生まれていませんでしたが、人々はどんな気持ちでこの日を迎え過ごしたのでしょう。テレビの特集番組や新聞の特集記事などから知ることができるのは極々一部分であって、その時代を生きた人の数だけの想いがあったことと想像します。そして、この日を迎えられなかった数多くの人たちがいたことを忘れてはいけないのだと思います。

 今日は、平和へのメッセージを送ってくださった「かるふーる」のお仲間もいらっしゃいました。ありがとうございました。今朝の新聞に児童文学者あまんきみこさん(89歳)が出版なさった絵本「あるひあるとき」が紹介されていました。初めて旧満州・大連での自らの戦争体験をテーマにした絵本だそうです。「ずっと重たかった体験」に正面から向き合った今、思うことは・・・。

 語られている文章の最後の部分だけ引用させていただきます。
≪戦争の根本は「相手に殺される前に殺す」ということ。戦争だけはやめてね。若い方、どうか頑張って。私の遺言です。≫

 戦争のない平和な世界のために自分にできることは何かなと考えますが、大きなことをなす知力・体力・財力はないので、少なくとも自分自身が争いごとの当事者にならない努力をすることでしょうか。喧嘩を吹っかけられても上手に受け流す、誰かにムカッときても相手にもそれなりの事情があったのではないかと想像力を働かしてみるなどして、揉め事は平和的解決を試みることでしょうか。

https://www.asahi.com/articles/ASN8F5D14N7XUJHB00T.html

2020年8月14日 (金)

サジヒロミさんのYouTube動画(新作)♪

「PINKA The MINI accordion」というチャンネルでアコーディオン弾き語り動画を公開なさっている「かるふーる」仲間のサジヒロミさんから、新たに3曲アップなさったというメールを頂きました。小さなアコーディオンで音域や伴奏・間奏なども工夫なさって魅力的な声で歌っていらっしゃいます。元気が出ますね! お時間のある時に是非お聴きになってみてくださいね♪

●さんぽ(ジブリ映画「となりのトトロ」より)【ミニアコーディオン弾き語り・カバー】歌詞付き:https://www.youtube.com/watch?v=KKUvY-DGL-E

●包み込むように【ミニアコーディオン弾き語り・カバー】*Weltmeister Mini Piano Accordion:https://www.youtube.com/watch?v=GxiU8ODv97k

●タマシイレボリューション・Superfly【ミニアコーディオン弾き語り・カバー】*Weltmeister Mini Piano Accordion:https://www.youtube.com/watch?v=0KzmPLwWyK0

 

 以下のURLから既にアップされている他の曲も聴けますよ♪

https://www.youtube.com/channel/UCzOmE3_lPPhObe7TMctPrpA

2020年8月13日 (木)

映画「あゝひめゆりの塔」

 戦争の悲惨さを表現する場面が多く出てくる番組や映画は避けてあまり見ないようにしてきた人生でしたが、この夏は意識的に見ています。今日は1968年に公開された「あゝひめゆりの塔」。ティッシュの箱とゴミ箱を抱えて泣きながら見ていますが、本当の戦争はこんなものじゃなかったのでしょう。沖縄戦のことも、おぼろげな知識しかなかった状態に少しずつ肉付けしています。その気になれば、今はネット上にも様々なことを学ぶ場がありますね。ありがたいことですが、コロナ騒ぎが終息したら、近くにある資料館や施設に足を運んでみたいです。帰省して戦争を体験している父と会えるようになったら、戦中戦後の父の人生も語って欲しいなと思います。

●映画「あゝひめゆりの塔」:https://www.nikkatsu.com/movie/21090.html

●ひめゆり平和祈念資料館:http://www.himeyuri.or.jp/JP/top.html

「Rilakkuma × TOWER RECORDSキャンペーン2020」

 こちらも「せきたさらい」さんから教えていただいた情報です。説明するより見て頂く方が早いですね! あれこれ欲しくなってしまう方もいらっしゃるかも♪

https://tower.jp/article/news/2020/07/15/n102#div_item_contents

2020年8月12日 (水)

「“焼き場に立つ少年”をさがして」

 NHKの番組で「“焼き場に立つ少年”をさがして」というのを見ました。ローマ教皇が「戦争がもたらすもの」というメッセージを添えて世界中に配布したことで有名になった写真ですが、ジョー・オダネルという米軍カメラマンが軍務としてではなくプライベートなものとして長崎で撮った写真だそうです。亡くなってしまっている弟を背負って焼き場で順番を待つ少年。その写真が、いつ・どこで・どのように撮られたのかを3年をかけて探る過程を原爆孤児たちの証言も交えて構成されていました。一枚の古い写真から、現代の先端技術を用いると様々なことが分かってくることに驚きますが、最終的にこの少年が戦後をどのように生きたのか、あるいは生きることができなかったのか、知ることはできませんでした。涙なく見ることはできず、でも、とても考えさせられる内容でした。

 オダネルさんは85歳で亡くなるまで、この少年がどうなったかを気にかけていたようで、アメリカ人の元軍人でありながらも原爆投下については否定的な見解を持つようになっていたようです。原爆は間違いだった、原爆は何も救わなかった、罪のない人々を殺しただけだったと述べていました。

●「“焼き場に立つ少年”をさがして」:https://www.nhk.jp/p/etv21c/ts/M2ZWLQ6RQP/episode/te/LXMXYZGK14/

 原爆だけでなく、東京大空襲や沖縄戦やなど、戦争によって家族を失い戦争孤児となった幼い子どもたちが大勢いたこと。苦難に満ちた人生を送った戦争孤児たちに寄り添って生きた女性を描いた絵本が今年1月に自費出版されていることを今朝の新聞記事で読みました。絵本のあとがきは祈りの言葉で結ばれているそうです。「子どもたちが、いつまでも、今のまま、戦争を知らないまま育っていけるよう願ってやみません」。

 「娘と眺めた月」というタイトルのこの絵本は、東京大空襲・戦災資料センター(江東区)で閲覧できるのだそうです。こちらのセンターのホームページでは東京大空襲についても学べるYouTube動画がありました。東京の渋谷区神宮前辺りで生まれ育った父は戦時中に九州まで疎開し、そのまま戦後も東京へ戻ってくることができませんでした。もし疎開していなければ、この東京大空襲を経験していたかもしれない、命を失っていたかもしれないと思うと、決して自分とは無関係の出来事ではないのだと思います。戦後75年のこの夏は、戦争について平和について、たくさん考えたいです。

●東京大空襲・戦災資料センター:https://tokyo-sensai.net/

2020年8月11日 (火)

「FMふくろう」でアコーディオン奏者特集♪

 こちらも「せきたさらい」さんからの情報ですが、千葉県八千代市から放送されているコミュニティラジオ「ふくろうFM」の番組内でアコーディオン奏者特集をやっているそうです。「せきたさらい」さんがインタビュアーとなり月替わりでゲストが登場し、8月はDANさん、9月は若林充さん、10月は安西はぢめさんの予定だそうです。

 毎週木曜日22:00から22:30の時間帯に放送している「momoRocaのSWIMG音絵本」という番組内だそうです。興味のある方は以下のサイトをご覧になって、番組を聴いてみてくださいね♪
http://296.fm/program/swing/


 ゲストの方々についても情報を♪
●若林充さん:http://loli-mwacco.hungry.jp/profile.html
●DANさん:https://www.facebook.com/dan.kumazawa
●安西はぢめさん:http://anzaihajime.com/

 DANさんは初めてお名前を知りましたがFacebookに素敵な弾き語りがありました。
https://www.facebook.com/dan.kumazawa/posts/3080358242083473

 「せきたさらい」さんのツイッターでもお知らせが出ているそうなので探してみました。
https://twitter.com/saraacco/status/1291343498734575618

「アコーディオンで奏でる世界の映画音楽」編曲:せきたさらい♪

 「かるふーる」お仲間でもある「せきたさらい」さんから届いたお知らせです。「みんなが弾きたい映画音楽の名曲を集めたアコーディオン楽譜」を出版なさったそうです。有名な曲ばかりで、難易度の違うバージョンで2パターン入っている曲もあるので、どんなレベルの方でも楽しめるように作られているそうです。

 以下のサイトから詳細をご覧になれますよ。邦画はジブリ映画のものが多いようです。洋画も誰もが知る曲ばかりです。こういう曲集はとても嬉しいですね♪ お盆明けくらいには谷口楽器さんやアンサンブルミュージックさんでもお取り扱いが始まる予定だそうです。

https://muse-press.com/item/mp04701/

 「せきたさらい」さんのブログとツイッターもどうぞ。

http://blog.saraacco.com/
https://twitter.com/saraacco?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

2020年8月10日 (月)

「さよなら!ハラスメント」

 先週放送された「テレビ寺子屋」では、小島慶子さん編著で最近出された「さよなら!ハラスメント」という本の紹介がありました。小島さんの話を聞くといつもハッと気づかされることが多くあります。ハラスメントということに対して、自分は被害者になることがあっても加害者になることはないと思っている方が多いかもしれません。私もそうですが。でも、気づかないうちに加害者になっていることは有り得る、そして傍観者となっている人の多いことも指摘がありました。自分の口から出てゆく言葉、自分の身体がとる行動が、知らず知らずのうちに周りの人たちに不快な思いや辛い気持ちを引き起こさないように気を付けたいなと思いました。万が一、私からハラスメントを受けたと感じた方がいらしたら遠慮なく言ってくださいね。
 すぐに謝りますから(^-^)

●「さよなら!ハラスメント」:https://www.shobunsha.co.jp/?p=5062

後藤ミホコ◆情熱タイム(8/3)

 今日は、一週間遅れで8/3夜に放送されていた「後藤ミホコ◆情熱タイム」を聴いていました。後藤さんの独奏曲はフォーレの「シチリアーノ」。「シシリエンヌ」「シチリアーナ」など呼び方がいろいろとあるようですが、とても好きな曲で弾きたいと思い少し練習したものの、なかなか難しく現在は「寝かせて」います。そんな曲が増えていくばかりですが・・・。いつか弾きたいです。後藤さんは今回のために新たにアコーディオン用のアレンジをなさったようです。これが聴けたのも良かったのですが、その後、音楽センター楽器部の加藤拓也さんのインタビューがあり、マスク姿のお二人のお話、面白かったです。今夜も新たな放送がありますが、バックナンバーもいつでも聴けますよ。

https://video.ibm.com/recorded/127496091

 後藤ミホコさんのブログも楽しいですね。
https://blog.goo.ne.jp/lilac1218mg

2020年8月 9日 (日)

8/9 ながさき

 長崎平和祈念式典を見て黙祷。吉永小百合さんの朗読と大島ミチルさん(長崎出身)の音楽に耳を傾け、永井隆博士のことも少し学びました。歌声喫茶の伴奏を頼まれるまで「長崎の鐘」という曲も永井博士のことも知らずに生きてきました。音楽を通じて新たに学ぶことも沢山あります。ありがたいことですね♪

 原爆により被爆された方々の想いや祈りを心に受け止めたいです。

2020年8月 8日 (土)

『おうちでも!Bunkamura ドゥ マゴ パリ祭2020』開催中♪

 素敵なイベントが開催中とのこと。

●『おうちでも!Bunkamura ドゥ マゴ パリ祭2020』:https://www.bunkamura.co.jp/sp/parisai2020/

●フランスの国民的写真家、ドアノーが捉えたパリの人々の「音楽」と「生きる喜び」:https://www.bunkamura.co.jp/sp/parisai2020/topics/3803.html
(アコーディオンの写真もありますよ♪)

●シエスタ特別ミニライブ8/30(日)開催:https://www.bunkamura.co.jp/sp/parisai2020/topics/3812.html

●シエスタ&ドゥマゴパリ祭 映像集:https://www.bunkamura.co.jp/sp/parisai2020/topics/3719.html
(アコーディオンとヴァイオリンのユニットであるシエスタの演奏と楽しいアニメーションが見られますよ)

●シエスタのホームページ:http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/

 渋谷までは行けなくても、いろいろと楽しめますね♪

2020年8月 7日 (金)

真赤な太陽♪

 朝5時、今日は雲があまりないから富士山が見えるかなと思い、マンション最上階へ上がってみました。少し靄がかかっていましたが薄っすらと富士山が見えました。西の空には次第に薄れていくお月さま、そして東の空には朝靄の中に上ってくる太陽。写真では分かり辛いですが、オレンジ色に大きく輝いて眩しかったです。「真赤な太陽」という曲をいつかアコーディオンで弾いてみたいなと思っていたことを思い出しながら口ずさんでいました♪ 何故いつまでも弾いてみないのかなと思ったら、リズムが難しいのですね、私には! 弾いてみたい曲と弾ける曲には乖離があります(笑)

●美空ひばり with ブルー・コメッツ Blue Comets/真赤な太陽Makkana Taiyō(1967年):https://www.youtube.com/watch?v=BYHIfP1Y-w4

1596757942215

あきれたぼういず♪

 昨日の夕刊に掲載されていた写真がちょっと気になりました。右端の男性の持っているのは何でしょう? 蛇腹が付いていて小さなコンサーティーナのようにも見えますね♪
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20200806001395.html

 たまには、こういうコミックバンドのパフォーマンスを見て笑うのもよいかもしれませんね。
●あきれたぼういず - ハワイよいとこ:https://www.youtube.com/watch?v=hcyGOHypxyQ&t=29s

 

 似たような名前で「東京ボーイズ」という歌謡漫談グループにはアコーディオンの方がいらっしゃいますね♪
●【歌謡漫談】東京ボーイズ(2000年):https://www.youtube.com/watch?v=RIICquehITw

2020年8月 6日 (木)

8/6 ひろしま

 今朝は広島平和記念式典を見て黙祷をし、「かるふーる」のお仲間から以前いただいたCDを聴き、いろいろと考えていました。2020年1月時点の核兵器保有数は13,400とのこと。これらは必要なのでしょうか。核戦争が起きてしまったら世界はどうなるのでしょうか。地球上から核兵器がなくなること、世界が平和であることを祈ります。

1596681150892

秋の気配

 今年の立秋は明日ですが、暦通りに樹々は秋へ向けての準備を始めているようです。今朝は緑道を歩いていると、あちらこちらに緑色のドングリが落ちているのを見ました。昨夜、風が強かったのでしょうか。ドングリの他にも咲き終わった花の残骸のようなものも沢山落ちていました。

1596678170576

2020年8月 5日 (水)

織田哲郎「碧いうさぎ」♪

 偶然耳にした曲からアコーディオンっぽい音色が聞こえてきたのですが、動画を見るとキーボードの音みたいですね。でも、この曲、素敵ですね♪

●織田哲郎「碧いうさぎ」:https://www.youtube.com/watch?v=dV-95IbCmcU

2020年8月 4日 (火)

ハノンのその後♪

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2020/08/post-09b167.html

 先週土曜日の上記記事でハノンというピアノ教則本のことを話題にしましたが、その翌日から3日間、この教則本を使ってピアノ練習をしました。早朝ウォーキングと朝10分間のテレビ体操は定着してきているので、同じように朝のルーティーンにしてしまえばいいのだと思い、朝食後に他のことを始める前にまずハノンというスケジュールを組み、とりあえず3日間やってみました。三日坊主は卒業できそうです。頑張りすぎると続かないので15分前後の無理のない時間で切り上げ、できなかった日も「まあいいや」と思うことにして、週に2~3回でもやれればいいこととしようと決めました。ピアノできちんと指の基本練習を続けるとアコーディオンを弾く時にもスムーズに指が動くことは分かっているので、出来るだけ続けていきたいなと思います。自分で弾きたいと思うフレーズが思うように弾けず情けない気持ちになることも多いこの頃です。ちょっと停滞気味であったアコーディオンへの情熱を少しずつ取り戻していけるといいですね!(と、他人事のように書いてますが、わたくしごとです♪)

2020年8月 3日 (月)

映画「剣の舞」

 先週金曜日から公開されているという映画「剣の舞」。ハチャトゥリアンの人生を描いているようですが、気になりますね!

 挿入曲として「仮面舞踏会」の「ワルツ」もあるようだし(大好きな曲♪)、見たい気持ちになりますね。もう随分と長い間、映画館へは足を運んでいないのですが、今はまた閉鎖空間へ行くことも不安だし。でも、いつかはテレビででもいいので見たい映画です。

●映画「剣の舞」公式サイト:https://tsurugi-no-mai.com/

2020年8月 2日 (日)

映画「ひろしま」

 原爆投下から8年後に製作されたという映画「ひろしま」。この映画のことは全く知らずにいましたが、新聞の番組欄を眺めながらタイトルからして見なくてはいけない映画のような気がして録画だけしてありました。8/6の前に見ておきたいと思って、ようやく今日見ました。涙なくして見ることはできない映画でした。深く深く考えざるをえない映画でした。実際の原爆投下後の状況は映画で描かれた以上に悲惨なものだったそうです。私は、とても怖がりなところがあり、戦闘シーンやら悲惨な場面が出てきそうな映画は避けて見ないようにしてきました。でも、そういうことから目を背けずに現実を知り、きちんと次の世代に語り継いでいくべきことを学びなさいと教えてくださる方に出会って、少しずつ変わりつつあります。
 今年はコロナ禍によって様々な催しが中止になり、戦後75年ということへの意識も薄れがちかもしれませんが、戦争を語り継いでいく体験者も少なくなっていくという事実を知っておかなくてはならないです。

 この映画の前に見た「NHKクローズアップ現代」という番組の中でも語り部の高齢化や資料館の閉鎖など深刻な問題を取り上げていました。と同時に、吉永小百合さんが続けていらっしゃる素晴らしい活動も知ることができました。もっと学ばねばと思う日々です。

●「ひろしま」:https://www3.nhk.or.jp/news/special/senseki/article_19.html

●映画「ひろしま」予告編:https://www.youtube.com/watch?v=y28tMyJjlns

【被爆者たちが出演】上映中止にされた超大作映画『ひろしま』とは【ETV特集×NHK1.5ch】:https://www.youtube.com/watch?v=UwnaJtPuP1g

●「資料館が…慰霊碑が…“歴史”が消えていく」: https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4448/index.html

●「戦後75年 吉永小百合 戦争を語り継」:https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4447/

2020年8月 1日 (土)

ハノン♪

 今週の「ららら♪クラシック」も面白かったです。

 「“ハノン”嫌いじゃないぜ! 〜宮川彬良が語る“超有名ピアノ教則本”〜」ということで、子どもの頃に半ば強制的にやらされていたピアノ教則本についての面白いお話が聞けて、また使ってみようかな~という気になっています♪
 私の持っているのは1967年版で250円のものです。60番まである様々な練習曲のうち59番まではやった形跡がありました。ハノンがフランス人だということも知りませんでしたし、この教則本に込められている想いを知って「なるほど~」と納得しました。アコーディオンを始めて初期の頃は上手くなりたい一心で基本練習も真面目にやっていましたが、今は一切やっていないので当然のことながら指はスムーズに回りません。最近は、難しい曲は弾かないことに決めたからいいや~と思っていましたが、初心に帰って指の基本練習から取り組んでみたい気持ちになりました。
 と書いてみましたが、今は音楽以外にも集中して取り組みたいことがいろいろとあって、実際にやれるかどうかは自分の音楽に対する気持ち(優先順位)をどこまで上げられか次第かもしれません。とりあえず持っているハノン教則本をエレピの上に載せておいて、明日はちょっとだけでも弾いてみようかなと思っています。

 この番組の再放送もありますよ。

https://www.nhk.jp/p/lalala/ts/57LY35Q588/schedule/

1596286833988 1596286973690

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »