フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 押し引き異音式コンサーティーナ♪ | トップページ | バングラデシュ »

2020年9月26日 (土)

KnK 写真展

 2月中旬以来、都心方面へは出かけていませんでしたが、昨日は久しぶりに西武拝島線に乗り西武新宿駅まで行き、丸ノ内線に乗り換えて新宿御苑前まで行きました。昼過ぎの時間帯、電車は空いていましたし、新宿駅周辺も以前の賑わいはありませんでした。新宿御苑前駅のすぐ近くにあるアイデムフォトギャラリー「シリウス」で開催中のKnK 写真展へ足を運んで、昔一緒に働いた同僚たちとも会ってきました。

 今回の写真展は、バングラデシュのダッカで地方から出稼ぎにやってきて働く子どもたちの姿をありのままに伝えようとするものでした。10代前半の子どもたちが劣悪な環境の児童労働の現場で働く姿、そのような労働の場さえ得られずストリートチルドレンとして物乞いやゴミ拾いなどで生きている姿、悲しい現実です。そのような子どもたちに少しでも子どもらしい時間を与え愛情を注ぎ人間らしく生きていけるようにと支える活動を続けながら、写真家としても写真という表現方法で現実を切り取って伝えようとしている清水匡(きょう)さん。心優しい彼の生き方は私にはとても眩しく見えます。昨日は久しぶりに話もできましたが、お若い頃と全く変わらない様子で、共通の知人たちの消息などもいろいろと教えて頂けて、昔を思い出すひととときともなりました。

 日本に暮らす私たちにはバングラデシュのことは遠い世界の話と思えるかもしれませんが、終戦後の日本にも同じような状況はあったでしょう。これから先の日本で、私たちに続く世代の子どもたちが同じような状況に置かれることがないとは言い切れないのではないかと思います。一人の人間のできることには限界がありますが、少しずつでも世界のどこかの現状を知り考えることが、より良い未来へと繋がるのではないかとの想いで、これからもKnK の活動を応援していきたいと思います。

 写真展は入場無料です。明日はアナウンサーの渡辺真理さんを司会にお迎えしてのオンライントークイベントも開催されます。興味・関心のある方は以下で詳細をご覧になれますよ。

https://knk.or.jp/ev200924/

*********

国境なき子どもたち(KnK)写真展
「LOST CHILDHOOD ― バングラデシュ、失われた子どもたちの時間 ―」

  • 期間:2020年9月24日(木)~9月30日(水) 10:00~18:00 【入場無料】
    ※最終日:15:00まで/9月27日(日)は休館

*********

 写真展の帰り道、雨も小降りになっていたので新宿御苑前から西武新宿駅までの道を歩き、こんなに人の少ない新宿界隈となっているんだとコロナ禍を体感しながら、やはりガラガラの電車に乗って帰ってきました。お天気が良かったら新宿御苑内を散策したかったのですが、それはまたの機会にと思っています。

« 押し引き異音式コンサーティーナ♪ | トップページ | バングラデシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 押し引き異音式コンサーティーナ♪ | トップページ | バングラデシュ »