フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

二月尽(にがつじん)

 三日もすれば忘れていることの方が多いのですが、最近、新しい言葉を覚えることが楽しいです。今日覚えたのは「二月尽(にがつじん)」という俳句の季語。二月が終わることを指すそうです。まさに今日のことですね。

 日課としている朝のテレビ体操を終えた後、そのままテレビをつけていると俳句番組が始まるので、時々見ています。俳句を趣味としている90歳の父のことを少しでも理解できるようになるといいなぁ~と思いつつ。18歳で家を出て一人暮らしを始めたし、実家に居た頃も父は働き盛りで家に不在のことが多かったし、実は父のことをそれ程よくは知らないような気がします。今はこんな状況でなかなか帰省もできませんが、次に会う時には父が書き連ねている俳句を沢山読ませてもらおうと思っています。

2021年2月27日 (土)

「てがき絵本まる」

 最近、けっこう絵本に興味が湧きます。昨日の夕刊にこんな記事がありました。自転車事故で首から下に障害を負ってしまった画家の女性が、リハビリを経て一冊の絵本を描き上げたという内容ですが、心が温かくなるような生きる勇気をいただくような気持ちになりました。

https://www.asahi.com/articles/ASP2N55GJP25UTFL00G.html?fbclid=IwAR1-iZqrwL_fGLo3iEJIEyUux8D24zaNhcsRq4YUDbmwPI-XhrsJ8x97rLg

https://www.facebook.com/ehon.maru.project/

2021年2月26日 (金)

アストル・ピアソラ 生誕100周年♪

 今年はバンドネオン奏者アストル・ピアソラさんの生誕100周年なのだそうです。「リベルタンゴ」「オブリヴィオン」「アディオス・ノニーノ」「バチンの少年」などなど、アコーディオン奏者にも数多くの作品が演奏されてきています。御喜美江さんの素晴らしい演奏もありますね。

●御喜美江 Mie MIKI (accordion)/ピアソラ演奏 plays PIAZZOLLA:https://www.youtube.com/watch?v=JLwyCFYufQ8
●御喜美江:ピアソラ「白い自転車」:https://www.youtube.com/watch?v=OnxaNixbwyw

 アルゼンチンでバンドネオン奏者として暮らす西原なつきさんの書かれたものが以下で読めます。ピアソラさんご本人の「リベルタンゴ」も聴けますよ。ピアソラさんのタンゴに興味のある方には面白いかもしれません。
https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/nishihara/2021/02/100.php

 西原さんが最後に紹介していらっしゃるYouTube動画がとても良いです。ピアソラが最初に5年間在籍したオーケストラのリーダーとのバンドネオン・デュオ演奏です。そのリーダーさん「アニバル・トロイロ」さんの誕生日がアルゼンチンでは「バンドネオンの日」として制定されているのだとか。
●"Volver" - Anibal Troilo y Astor Piazzolla:https://www.youtube.com/watch?v=pPHflQeHCyg&feature=emb_logo

2021年2月25日 (木)

「タンゴの真実」小松亮太さん♪

 「かるふーる」の常連の方々の中にはタンゴがお好きでお詳しい方も多いですが、バンドネオン奏者の小松亮太さんが「タンゴの真実」という本を出されるそうです。ちょっと高い本ですが、内容は濃いようです。これまでのタンゴに関する一般的常識を覆すような話がたくさん出てくるようです。

●【書籍】小松亮太新刊情報「タンゴの真実」:https://ryotakomatsu.net/news/630.html


 チャラン・ポ・ランタンの小春さんとの蛇腹談義でもタンゴや蛇腹楽器一般(バンドネオン、コンサーティーナ、アコーディオン)についても様々に語っていらっしゃいますよ。蛇腹楽器についての知らなかったような話もいろいろ。リシャール・ガリアーノさんのバンドネオンと小松亮太さんのバンドネオンは全く配列の異なる楽器だとか。最後に小春さんとのセッションもたっぷりとあり素晴らしいです。お時間のある方は以下からどうぞ。(私は目が辛くてずっと見ていることはできず、台所仕事しながらスマホにイヤホンを繋いで見ないで話だけ聴いていました。)

●[蛇腹談義36] バンドネオンとアコーディオンのプロは怒っている!僕らを間違えないでくれ!【ゲスト:小松亮太(バンドネオン) 前編】:https://www.youtube.com/watch?v=1wfDOP4lac0&t=1547s

●[蛇腹談義37] バンドネオンは悪魔の楽器じゃない!誰だそんなこと言った奴は!【ゲスト:小松亮太(バンドネオン) 中編】:https://www.youtube.com/watch?v=KWXh5zfbQCU&t=1094s

●[蛇腹談義38] バンドネオンとアコーディオンでセッション!マジカッコイイ!!【ゲスト:小松亮太(バンドネオン) 後編】:https://www.youtube.com/watch?v=TW5KD8LZAFM&t=591s

2021年2月24日 (水)

関東アコ実行委員会ニュースの更新♪

 「関東アコーディオン演奏交流会」のホームページ内で「実行委員会ニュース」が更新されたとのお知らせを頂きました。

 昨年12月に行われた拡大実行委員会の議事録を読むと、今年の「関東アコ」をどのように開催しようかという議論などもされています。30年あまりに渡って毎年開催されてきた「関東アコ」の当日までに、実行委員など関係者の皆さんが沢山の下準備を時間をかけてして下さっていることが良く分かります。この議事録の文字起こしも大変だったことと思いますが、議事録を読むことで気付くことも多くありますので、ありがたいですね。

 昨年秋から年末にかけて開催された幾つかのイベントの報告レポートもカラー写真入りで内容がよく分かります。しっかりとコロナ対策を取った上での開催の様子、今後の参考にもなりそうです。「JAPCオンライン大忘年会」の様子も詳しく紹介されていて、残念ながら参加できなかった私も皆さんが楽しまれている様子を想像しながら読ませて頂きました。桑山哲也さんと藤田朋子さんがご夫婦で飛び入り参加して下さった(お二人でアコーディオンと歌で演奏して下さったとのこと)という件では、その場に居合わせた方々を羨ましく思いました!

 あちらこちらに「かるふーる」お仲間の方々のお名前も登場しますよ。お時間のある方は以下からニュースをお読みになってみてくださいね。

●関東アコ実行委員会ニュース:http://www.kanto-acco.jp/jikkouiinkainews/index2020.html

2021年2月23日 (火)

アコーディオンデュオ Flonflons ♪

 アコーディオンのお仲間のお一人から教えていただいたアコーディオンデュオ Flonflons(フロンフロン)のYouTube動画を見つけて、最近楽しく拝見しています。ピアノ鍵盤式とボタン式の男女のユニットで楽し気に演奏する様子にとっても癒されます。

●アコーディオンデュオ Flonflons:https://www.youtube.com/channel/UCoWTvYzZ2H7Mm3TAzw0I2yA

2021年2月22日 (月)

「かまえにたちよる」

 しばらく前の新聞記事で「大分県、オンライン観光」という記事を読んでちょっと興味が湧きました。佐伯市蒲江という地域に行ったことがあることを思い出したからです。父が単身赴任していた時期があり、遊びに行ったことがあります。景色がきれいで食べ物が美味しかったという朧げな記憶がありますが、あまり詳しくは覚えていません。全部見ていると目が疲れるので途中で止めましたが、懐かしく感じるので公開中の3月末までに時々覗いてみようかなと思います。(最近は、パソコン使用は短時間・細切れにを徹底するように努力して、少しずつ眼精疲労からの回復を試みています。)

●大分県 佐伯市 蒲江 周遊体験型イベントサイト「かまえにたちよる」:https://kamaenitachiyoru.com/

 1990年代の名作サスペンスゲーム「かまいたちの夜」を模した観光PR だそうです。

2021年2月21日 (日)

「愛するということ」エーリッヒ・フロム

 「フランクフルト学派の精神分析学者、フロムの新訳がベストセラーだ」という書き出しに何となく惹かれて読んだ書評。フロムには関心はなかったのですが「精神分析学者の本がベストセラーってなぜ?」と不思議に思いました。最後まで読んで笑ってしまいました。「ラブは、ギャンブルだ。」が書評の締めの言葉でした。「こんな書評を書くのはいったいどんな人かしら」と本の内容以上にこちらにも興味が湧きました。そうしたら何となく見覚えのある名前が書かれていました。「ああ、この人か」と納得がいきました。いつも面白いものを書かれているので記憶に残っていました。

●愛するということ (新訳版):https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314005586

●朝日新聞記事(途中まで):https://www.asahi.com/articles/DA3S14806430.html

●近藤康太郎記者のアロハシリーズ:https://www.asahi.com/topics/word/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%81%A7%E7%94%B0%E6%A4%8D%E3%81%88%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.html

 フロムの本を読むことはないと思いますが、書評からも多くの気付きが得られます。「人を愛するということは、なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全身を委ねることである」こういう気持ちを多くの人が持てれば、少なくとも戦禍で命を落とすような人は減らせるのじゃないかなぁ~などと思います。

 

コラムニスト:伊是名夏子さん

 コラムニストの伊是名夏子さんが「キミと どた♡ばた」という子育て関連コラムを書かれているのを読んで興味を持ちました。凄い方がいるものだと驚くと同時に、人に頼る勇気を持つことの大切さも改めて思いました。伊是名さんのブログに「障害者の暮らし:車椅子ユーザー編」という4分の動画があるのですが、とても興味深いです。「こういう人たちは周りに迷惑をかけるから出歩かないように」なんて言う方は今どきいらっしゃらないと思いますが、障がいを持っていても地域社会の中で多くの人たちから支えてもらいながら生きていけるということは大事なことです。障がいと言っても多様ですし、将来的に自分が障がいを持つようになることもあり得るので、常に関心を持って学んでいきたいことの一つです。

●伊是名夏子さんのブログ:http://blog.livedoor.jp/natirou/

●朝日新聞の記事(途中まで):https://www.asahi.com/articles/DA3S14806405.html

2021年2月20日 (土)

チック・コリア「スペイン」♪

 今朝はラジオでチック・コリアさんの追悼番組をやっていました。もちろん、この名曲も聴くことが出来ました。アコーディオン奏者のシュテファン・フッソングさんがピアニストの下山静香さんとデュオ演奏しているものがありました。途中までで残念ですが・・・

●チック・コリア:スペイン Chick Corea: Spain(一部)by Stefan Hussong(accordion) & Shizuka Shimoyama(piano):
https://www.youtube.com/watch?v=r_24voWNhWs

 バンドネオン2台によるものもありましたよ。
"スペイン -Spain" -チック.コリア Chick Corea バンドネオン/北村聡、生水敬一朗:https://www.youtube.com/watch?v=yD72ceosZ6s

 もう一つ、こちらのブログにも時々ライブ情報を寄せてくださるアコーディオン奏者:若林充さんと「おりこ」さんという女性アコーディオン奏者のお二人による演奏もありました。

●spain (chick corea) accordion スペイン/チックコリア~アコーディオンデュオ:https://www.youtube.com/watch?v=f9dL54aPr-s

 関東アコ30周年記念コンサートで演奏するために練習なさった方も多いことと思いますが、コロナ禍が終息して、いつかまた大合奏ができるとよいですね♪

今日の「テレビ寺子屋」

 今日の「テレビ寺子屋」では落合恵子さんがお薦めの本を2冊紹介して下さいました。

●「プラスチックモンスターをやっつけよう」:https://www.crayonhouse.co.jp/shop/g/g9784861013829/

七世代先の子どもたちのことを考えて行動するということは大変なことですが、そういう意識だけは持って、プラスチック・ゴミが地球に与えている影響のことを知り・考えて、日々の生活の中でできる工夫はしていきたいなと思います。


●「とんでいったふうせんは」:http://ehonjuku.hondana.jp/book/b458652.html

親や自分がいつ認知症になるだろうという不安を抱える年代となりましたが、そんな気持ちを和らげてくれそうな絵本です。いつか親が認知症になっても、その親の記憶を子どもや孫たちが丸ごと受け止めることはできる。もし、子どもや孫がいなくても周りの誰かが受け止めてくれる。そして、もしかすると、その記憶を次世代へと伝えてくれることもあるかもしれない。そう考えると肩の荷が少し軽くなるような気もします。

2021年2月19日 (金)

映画「キッド」

 数日前、チャップリンの「キッド」という映画をやっていて、初めて観ました。1921年公開のサイレント映画です。楽しく笑えて、ちょっぴり泣けて、とても良い映画でした。例えば「スターウォーズ」のようなスピード感のある映画は、観ているうちに眩暈がしてきたりするのですが、サイレント映画はのんびりで私にはちょうど良い感じです。赤ちゃん役、子役の演技がとっても可愛くて思わず抱きしめたくなりました。

●「キッド」:https://www.youtube.com/watch?v=XdUXgihmyd8

アコクリン

 「かるふーる」のお仲間のお一人から耳より情報を頂きました。アコーディオンのメンテナンス用の除菌クリーナーです。アルコールが使用できないセルロイド樹脂にも使えるとのことです。気になる方は以下で詳細をご覧くださいね。

●「アコクリン」:https://www.tombo-m.co.jp/accordion/accessory_acc.html

*************

 実は昨年、自宅にあるアコーディオンをたまには綺麗にしてあげようと楽器用の柔らかい布で拭いていたのですが、こびりついている汚れが落ちない箇所があって、うっかり近くにあった除菌シートを使ってしまったら塗装が剥げました。こういう時に使えば良いのですね。

2021年2月16日 (火)

渋沢栄一さん

 先日は大きな地震があり広範囲に揺れましたね。福島在住の「かるふーる」仲間からは直ぐにご無事を知らせる連絡を頂きホッとしましたが、まだ余震の心配もあり落ち着かないことと思います。我が家ではモノが落ちるようなことはありませんでしたが、ブログを読んで下さっている皆さんのところでは如何だったでしょうか。被害のなかったことを祈っていますが、何かしらの被害に会われたり影響を受けてしまった方もいらっしゃるかもしれません。お見舞い申し上げます。

 話は変わりますが、最近よく耳にするようになった渋沢栄一さんのことを実は全くと言っていいほど知りませんでした。本当に常識のない自分が恥ずかしくなりますが、新聞記事などで読むと驚く程いろいろなことをなさった凄い方なのですね。NHK大河ドラマの主人公になったり、新しく出来る一万円札の肖像画に選ばれたりとか話題の方のようなので、少しずつ学びたいなと思います。一昨日の大河ドラマ初回は見逃したので、とりあえず再放送を見ようかなぁ~と思っています。 

2021年2月14日 (日)

アコーディオンの入った「情熱大陸」♪

 「かるふーる」のお仲間でもある梅田 公さんがアコーディオンをお弾きになり、フルートとピアノとのトリオで葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」をリモート演奏したYouTube動画があることを教えていただきました。とってもカッコいい演奏ですよ。アナログ人間の私には想像がつきませんが、リモートでこんなことが出来てしまうなんて、すごいことですね! 弦楽器の入っていない「情熱大陸」もまた面白いです♪ お時間のある方は以下で動画をお楽しみくださいね♡

●【情熱大陸】/葉加瀬太郎 TRIO:flute&accordion&piano リモート挑戦❗:https://www.youtube.com/watch?v=dIVZGu66FxQ&feature=youtu.be

************

 葉加瀬太郎さんといえば、昨日放送された「題名のない音楽会」に登場されていました。演奏も聴けましたがお話の内容も面白かったです。プロの世界の厳しさを知ることができました。以下で少しだけですが内容が分かりますよ。

https://www.tv-asahi.co.jp/daimei_2017/contents/Broadcast/bn-cur/

https://www.tv-asahi.co.jp/reading/daimei-blog/3172/(こちら、特に興味深いことが書かれてますよ)

2021年2月13日 (土)

堀内誠一「ダリウス・ミヨー」

 一週間ほど前の新聞記事で、画家の堀内誠一さんという方の描かれた絵の中にアコーディオンがあるのを見つけました。「ダリウス・ミヨー」というタイトルの絵でした。有料記事なので冒頭部分しか読めませんがアコーディオンが描かれた絵は見られます。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14792002.html?iref=pc_photo_gallery_bottom

 ダリウス・ミヨーという人とアコーディオンは何か関係があったのかしらと思って検索してみたら、こんな素敵な動画を見つけました。引き籠りの憂鬱も花粉症の目の痒みも吹き飛ばしてくれそうな楽しい音楽です♪ ミヨーという作曲家は南仏の人ですがブラジルで2年間過ごしたのだそうです。他の曲も聴いてみたいなと思いました。

●ミヨー : ブラジレイラ(スカラムーシュより) - D.Milhaud : Scaramouche "3. Brazileira" - / (アコーディオンデュオ - 2 accordions): https://www.youtube.com/watch?v=j9UORHM_k28&feature=youtu.be

探梅(たんばい)

「探梅(たんばい)」http://kigosai.sub.jp/001/archives/2856#:~:text=%E6%98%A5%E3%82%92%E5%BE%85%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%81%AD%E3%81%A6%E3%80%81%E3%81%BE%E3%81%A0,%E6%8E%A2%E3%81%99%E5%BF%83%E6%98%A0%E3%81%88%E3%82%92%E5%B0%8A%E3%81%B6%E3%80%82

 こちらは何日か前の「天声人語」で見かけた言葉ですが、早咲きの梅を求めて山野を巡ることを言うそうです。俳句の季語でもあるのですね。この言葉も恥ずかしながら私の頭の中の引出に入っていなかったので、とりあえず入れておきました。実家の父が俳句をやっているせいか、最近このような季語にも興味が湧くようになりました。

 このところ、お天気もよく暖かい日が続いているので、梅の花を探して歩きたいところです。が、まだ「飛散量は少ない」とされているにもかかわらず、数年ぶりに強い目の痒みに悩まされています。春一番の吹いた日に1時間以上サイクリングをしてしまったせいだと思います。平日は仕事・買い物・その他で外出の用事も多いので土日は完全ステイホームで回復に努めています。

五風十雨(ごふうじゅうう)

 今日の「テレビ寺子屋」では、また新しい四字熟語を覚えました。

「五風十雨(ごふうじゅうう)」https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BA%94%E9%A2%A8%E5%8D%81%E9%9B%A8/

 もしかしたら、これまでの人生の中で出会ったこともあるのかもしれませんが、私の脳内のメモリーには保存されていませんでした。五日毎に風が吹き十日毎に雨が降る。天気が順調で農作のために都合が良いことから、世の中が安泰であることを意味するそうです。今の地球上は五風十雨の状態ではありませんが、新型コロナウイルスの嵐が過ぎ去った後には穏やかな世界が待っていてくれるといいですね。

2021年2月12日 (金)

第9回オンライン飲み&演奏会

 昨日は佐藤将さん主催の「オンライン飲み&演奏会」に参加して、パソコン画面越しではありますが音楽交流を楽しむことができました。「かるふーる」や「インターネットわくわく広場」の参加者ばかりでしたので、「初めまして!」の方とも直ぐに打ち解けた雰囲気で楽しくお喋りも弾みました。いろいろとお話も交えながら7名で2曲ずつ演奏して、ちょうど予定の2時間となりました。将さん、今月もありがとうございました。

 リアルな交流の場である「かるふーる」は当面3月までは中止ですし、演奏会なども中止や延期になっているものもあります。せっかく練習した曲を聴いてもらったり他の人の演奏も聴きたいという方は、こういうオンラインによる交流の場もありますよ。遠方に住んでいる方でも参加が可能ですし(今回は北九州在住の方がいらっしゃいましたよ!)、よろしければご一緒にどうぞ。3月も今のところ他の予定はないので私も参加予定です。

 将さんの「オンライン演奏会」ブログで昨日の様子(参加者の写真と演奏曲)をご覧になれますよ。
https://online-acc.blog.jp/20210211

 次回は3月14日(日)16時~18時の予定だそうです。
https://online-acc.blog.jp/20210314

2021年2月11日 (木)

【大田智美アコーディオンリサイタル延期公演中止のお知らせ】

  「かるふーる」お仲間の星野一美さんから届いたお知らせです。音楽センターでの後進指導や様々な演奏会でアコーディオンという楽器の魅力や可能性を伝え続けていらっしゃる大田智美さんのリサイタルが中止になるとのこと。本当に残念なことではありますが、今の状況では仕方のないことかもしれません。大田智美さんご自身からのメッセージですので、お時間のある方は以下をお読みになってくださいませ。

 リサイタルは中止となりますが、それ以外にラジオ放送の予定や、実施予定の演奏活動のお知らせもあります。最後に紹介されているアートにエールを!『音り紙 〜ORIGAMI〜』という動画も面白いですよ! 

***以下転載です***

【大田智美アコーディオンリサイタル延期公演中止のお知らせ】

昨年3月10日からの延期公演として本年3月9日の開催に向け準備を進めておりましたが、現在の新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、現状での開催は難しいとの判断で、一旦中止とすることといたしました。

昨年の延期決定から長い間コンサートを楽しみにお待ちくださっていたお客様、ご協力や応援をいただいた方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、お客様をはじめ、スタッフや関係者の健康と安全の確保を最優先とし、また未だ会場や海外渡航の制限が多く予定通りの公演開催が不可能なことから、この決定に至りました。私自身本当に残念でなりませんが、時期を改めて、より落ち着いた良い環境で皆様に音楽を楽しんでいただけるようになりましたら、また必ず企画を進めてまいります。
どうかご理解、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

一日も早くこの事態が収束し、また皆様と元気にお目にかかれることを願っております。

大田智美

******

 リサイタルは中止となってしまいましたが、それ以外の生き残っている(!)演奏活動や放送のお知らせをさせていただければと思います。

◆2月21日&28日8:10~9:00
NHKFM「現代の音楽」にて、昨年末の東京シンフォニエッタ定期演奏会で演奏した「系図」が放送されます。
https://www4.nhk.or.jp/P446/  

◆2月23日13:00~@南青山マンダラ(一番下にフライヤーがあります)
久々にBalalaiQuartet~ばららいかるてっと~でのライブです。こんな時期でもやっぱりお客様の前で演奏したい、というメンバー一同の思いから、感染予防対策をした上で開催いたします。客席数を50%に制限し、ゆったりとお楽しみいただけます。
https://mandala.gr.jp/aoyama/schedule/20210223_day/

◆3
月15日18:00~@サントリーホール
東京都交響楽団の公演で武満徹「系図」を演奏
いたします。語りとオーケストラのとても素敵な作品です。https://www.tmso.or.jp/j/concert/detail/detail.php?id=3516&my=2021&mm=3

もう一つ、これはだいぶ前にアップされたものですが、
アートにエールを!『音り紙 〜ORIGAMI〜』という動画に参加しています。
https://cheerforart.jp/detail/1679

Photo_20210211100601

『歌声カフェ「空」』2月も中止です

 お店からの連絡があり、緊急事態宣言延長に伴い、東大和「カフェバーCoo」で2/23に開催予定だった『歌声カフェ「空」』も中止となりました。

2021年2月 9日 (火)

「明るい覚悟」落合恵子さん

 先週末の「テレビ寺子屋」では75歳になられた落合恵子さんのお話を聞くことができました。昨年秋に出された「明るい覚悟」という本に関するお話でしたが、いろいろと頷ける内容でした。本の帯にお書きになった内容を読み聞かせて下さいましたが、その一部を。

::::::::

老いは時に大いなる喪失を告げてきます。けれど時には、この上なく深い獲得をも運びこんできてくれます。今が幾つでも、自分が望む自分になっていく、その過程・プロセスを惜しまずに省略せずに暮らすこと。そんな自分との密やかな約束を私は「私の明るい覚悟」と呼びます。

::::::::

 他にも幾つか心に残った言葉を・・・

::::::::

それぞれが、それぞれの歩幅で歩調で歩いていこうよ。

昨日は過ぎてしまった。明日はまだ来ていない。確かなものは今。ここにある私の今と、今の私なのです。それを取りこぼすことなく、一生懸命生きていく。それしかない。

考えること、想うこと、感じること、進むこと。疲れたらしゃがみ込むことも含めて、全てが生きている証であり、その証が「明るい覚悟」を後ろから支えてくれるのではないかな。

昨日の続きの今日があることは、とても「ありがたい」こと。

::::::::

 幾つまで生きるのか、生きられるのか、それは分からないのですが、ある程度の年齢に達すると何らかの覚悟を持っておきたくなりますね。悲壮な覚悟ではなく「明るい覚悟」を持って生きていきたいものだと思います。

●「明るい覚悟」落合恵子 著:https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22190
 (2ページほど立ち読みできますよ)

2021年2月 7日 (日)

イヴ・モンタン♪

 ドアノー写真展の中にイヴ・モンタンの写真もあるようで楽しみです。10代後半から聴くようになったシャンソンの中でもイヴ・モンタンの歌には特に惹かれていました。社会人になった年、当時は今より景気が良かったようで6月に新入社員にもボーナスが出ると知り驚きました。それも思っていたよりも多い額で、嬉しくてイヴ・モンタン来日公演のチケットを思い切って購入したのでした (金額は忘れましたが、社会人一年生にとっては相当に高額だったと思います)。新婚旅行にも行かなかったので、結婚したばかりの夫と二人で行くつもりで2枚購入したものの、直前になり急な用事で行けなくなった夫の代わりに友人と二人で聴きに行きました。その時のプログラムやチケット、公演後に発売になった二本組のカセットテープもまだ手元にありました。

 好きで良く弾いている「波濤を越えて」が好きになったきっかけは何だっただろうと思い返した時に、イヴ・モンタンの来日公演だったと思い出したのです。この曲を歌った訳ではないのですがパフォーマンスの一部に使われていて、公演を録音したカセットテープを何度も何度も聴いていたので、すっかり耳に馴染んで大好きな曲となっていました。

 アコーディオンを始めた後に、たまたま手に入れたCDの中にこの曲があってタイトルを知ったのですが、どうしても自分でも弾いてみたくなりCDの演奏を参考に練習しました。先週、YouTubeにもアップロードしました。お暇な方はどうぞ♪

●「波濤を越えて」:https://www.youtube.com/watch?v=TBo2J110Xes&t=69s

1612489210884

写真家ドアノー/音楽/パリ♪

 渋谷で開催されている写真展、緊急事態宣言が解除されたら行ってみたいなぁ~と思いますが、実現するでしょうか? 3/31までなので行けるかもしれませんね。アコーディオンやシャンソン歌手など、興味のある写真展です。土日祝など日によってはオンラインでの予約が必要なようです。

Bunkamura ザ・ミュージアム「写真家ドアノー/音楽/パリ」
会期は2021年2月5日~2021年3月31日まで

https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_doisneau/

https://news.yahoo.co.jp/articles/830759a3e5801ae4401140e1201ceca565ec1d4b

2021年2月 6日 (土)

黒髪のcoba さん

 若き日の、まだ黒髪だった頃のcoba さんの演奏、やっぱり凄いですね!

https://www.youtube.com/watch?v=JHqCnUXEy7s

3月「かるふーる」中止のお知らせ

立春も過ぎ、明るさを感じる季節へと向かいつつありますが、皆さま、お元気にお過ごしでしょうか。

今日の予定であった2月の「かるふーる」も中止となりましたが、緊急事態宣言が延長されたことに伴い3月の「かるふーる」も中止とします。

再開を楽しみにしてくださっていた方には申し訳なく思います。新規の感染者確認数は次第に減少してきているので、このまま順調にいって4月には再開できるといいなと願っています。

緊急事態宣言が解除になり、医療体制の逼迫状況がなくなり、自宅療養を望まない感染者がきちんと入院ができ、コロナ以外の病気での救急搬送に支障が出ないなど、私なりの再開基準を満たす時期までは、とても残念ではありますが中止とすることをご理解ください。

ワクチンの接種も始まりそうですし、きっと少しずつ良い方向へと進んでいると信じつつ、もうひと頑張りしましょう。コロナだけでなく、風邪やインフルエンザ、花粉症などもありますし、どうぞ皆さま、ご自愛しつつお過ごしください。

(ご予約くださっていた皆さんへは別途メールでもご連絡しています。)

2021年2月 4日 (木)

桃の節句

 子ども頃、我が家には本物の雛飾りはありませんでした。弟がいますが五月人形もありませんでした。折紙の人形や新聞紙で作った兜などを飾っていました。狭い社宅住まいだったし、そういう余裕もない時代だったのでしょうね。立川市内の古民家園では毎年、今の季節には雛壇を飾るのだそうですが、コロナ禍の中なので例年より数が少ないという話でした。期間内にまた見に行ってみようと思います。いつ立ち寄っても係員さんしかいないので密になる心配もない場所です。桃の節句で何が楽しみかというと、私の場合は桜餅です。これは子どもの頃からずっと変わらずです。そして桜餅と言っても関東風のものは食べません。東京では「道明寺」と呼ばれているものが大好きです! 塩漬けの桜の葉っぱも大好きです! 近いうちに頂きたいと思います(^-^)

1611992318329 1611992290309 1611992241168 1611992263620

2021年2月 3日 (水)

立春

 陽射しがあり風がないと心地良いいつもの散歩道でしたが、風が吹くとまだ寒いですね! 昨年に比べて今年は花粉が多いとの予想で(それでも例年よりは少ないそうですが・・・)早速なんだか目が痒いので、今日は花粉症用の眼鏡で歩いてきました。花粉症の症状とコロナの症状で重なるものもあるので、とりあえず花粉症の症状は極力抑え込みたいと飲み薬と目薬で対策を始めました。目が痒くなっても、うっかり目をこする訳にはいかないのが少々辛い3ヶ月となりそうです。

 ちょっと気が早いですが、先日立ち寄った古民家園には雛人形が既に飾られていました。とりあえず一つ、写真を載せます。他にもあったので日を改めてまた。お近くの方は、お散歩のついでに立ち寄ってみると実物を楽しめますよ。

●川越道緑地古民家園(立川市):https://www.city.tachikawa.lg.jp/shogaigakushu/shisetsu/bunkazai/002.html

1611992402827

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »