フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« コラムニスト:伊是名夏子さん | トップページ | 「かまえにたちよる」 »

2021年2月21日 (日)

「愛するということ」エーリッヒ・フロム

 「フランクフルト学派の精神分析学者、フロムの新訳がベストセラーだ」という書き出しに何となく惹かれて読んだ書評。フロムには関心はなかったのですが「精神分析学者の本がベストセラーってなぜ?」と不思議に思いました。最後まで読んで笑ってしまいました。「ラブは、ギャンブルだ。」が書評の締めの言葉でした。「こんな書評を書くのはいったいどんな人かしら」と本の内容以上にこちらにも興味が湧きました。そうしたら何となく見覚えのある名前が書かれていました。「ああ、この人か」と納得がいきました。いつも面白いものを書かれているので記憶に残っていました。

●愛するということ (新訳版):https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314005586

●朝日新聞記事(途中まで):https://www.asahi.com/articles/DA3S14806430.html

●近藤康太郎記者のアロハシリーズ:https://www.asahi.com/topics/word/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%81%A7%E7%94%B0%E6%A4%8D%E3%81%88%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.html

 フロムの本を読むことはないと思いますが、書評からも多くの気付きが得られます。「人を愛するということは、なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全身を委ねることである」こういう気持ちを多くの人が持てれば、少なくとも戦禍で命を落とすような人は減らせるのじゃないかなぁ~などと思います。

 

« コラムニスト:伊是名夏子さん | トップページ | 「かまえにたちよる」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コラムニスト:伊是名夏子さん | トップページ | 「かまえにたちよる」 »