フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2020年10月27日 (火)

カサカサの季節

 緑道や雑木林の中を歩くと既に枯れ葉がたくさん溜まっている場所もあり、歩くとカサカサと音がします。そして私の手や足の裏もカサカサしてきました。お顔はまだそれ程でもありません。カサカサの季節到来です🍂

2020年10月23日 (金)

長崎の鐘

 NHK朝ドラ「エール」に色彩と音楽と希望が戻ってきましたね!

 戦時中を描いていた先週は見ているのも辛い内容でしたが、でも知らなくてはならない大事な内容でした。実際に戦争を経験をした人たちが少なくなっていく時代に生きている私たち、特に戦後生まれで知らないことが多すぎる私はドラマや映画やドキュメンタリー番組や書物などからでも学び続けることが大切だと思っています。

 いわゆる軍歌と呼ばれるものを数多く作曲したドラマの主人公が戦後は曲を作れなくなり長い間 苦しみ続けますが、今週の放送内容ではようやく曲作りを再開することができ、映画「長崎の鐘」の主題歌を作ることになりました。ドラマなので脚色もあるのでしょうけれど、実際に長崎へ足を運び原爆を経験した人たちの話を聞き悩みぬいた上で生まれた曲のようでした。

 今日の放送で流れた「長崎の鐘」は歌声喫茶の伴奏をするようになって初めて知った曲でしたが、毎年夏になると歌うので今ではしっかりと覚えました。この曲に込められている多くの人たちの想いと希望を、これからも毎年歌い継いでいくお手伝いをしていきたいなと改めて思います。

2020年10月22日 (木)

映画「エデンの東」

 何十年ぶりかで観た「エデンの東」。ジェームス・ディーンってこんなに魅力的な俳優だったのかと再認識しました。24歳で事故死することがなければ、その後どんな演技をしたのだろうと残念ですね。

 以前、アンサンブルでやったことのある「エデンの東」のテーマ曲をまた弾いてみたくなりました♪

●エデンの東 East of Eden original sound track:https://www.youtube.com/watch?v=2joFaLEX1ug

2020年10月20日 (火)

JAA「インターネットわくわく広場」♪

 増えていると言えば「インターネットわくわく広場」への投稿も続々と増えていますよ。佐藤将さんから目標投稿数を伺ったこともあり、目標達成に少しでも近づくかなと思い、私も3曲目を投稿してみました。「かるふーる」仲間の皆さんの投稿もたくさんあります。関係者のみで開催された音楽センター中部金曜教室発表会からの投稿も合奏などいろいろありますよ。ご覧になれる方は是非お楽しみください♪

●JAA「インターネットわくわく広場」:https://jaa2020acc.wixsite.com/project

************

 私は、コロナ禍の中でせっかくYouTubeの使い方を何となく覚えたので、特殊な利用法を思いつきました。最近は目が疲れて譜面を書くことが億劫になり、自分で適当にアレンジをして弾いている曲の譜面がありません。たまに私が弾いているのを聴いて下さった方から「譜面があったら欲しい」と言われることもあるのですが、残念ながら無いんですね。自分でも、しばらく弾かないうちに忘れてしまって、思い出すのに数日かかったり結局思い出せずに終わったりもします。それで「この曲のこの編曲は自分でも気に入っているから覚えておきたい」と思うものはYouTube動画に残しておけばいいんだと思いつきました。そして、この半年程の間に新たな交流の場として始まったオンラインの交流会で弾くために練習した曲たちを動画に撮ってみました。人様に聴いて頂くには練習不足の曲ばかりですが、とりあえず自分の譜面代わりにはなります。そして、しばらく会えないでいる遠くに住む友人たちにも聴いてもらったりして有効利用しています。「わくわく広場」にも投稿できたし、この先、少しずつ増やしていく楽しみもできました。

 オンライン〇〇とかYouTubeチャンネルに動画投稿とか、自分とは無縁と思っていたことが少しずつ出来るようになっていくことも嬉しいですね。私が生まれた頃だったら、多分「還暦」なんていうと人生残り少ないよねぇ~という感じだったのだろうと思いますが、今は元気に長生きなさっている先輩方が大勢いらっしゃって、80代や90代になってもアコーディオンを軽々と演奏なさっている方々もいらっしゃるので、私も目標を持ちつつ頑張っていきたいと思います。

2020年10月18日 (日)

「ティアーズ・イン・へヴン」

 昨日放送のあった「題名のない音楽会」では意外な楽器の組み合わせを楽しめました。津軽三味線とパイプオルガンによるディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」 も面白かったですが、シンプルな組み合わせのトランペットとトロンボーンによる「ティアーズ・イン・へヴン」がとても良かったです。ともに単旋律を奏でる二つの管楽器が作り出すハーモニーが美しく心に残りました。

 エリック・クラプトンがとても好きという訳でもないのですが、「ティアーズ・イン・へヴン」は以前ギターの弾き語りをする方と一緒にやったこともあってラジオなどで耳にすると作り手の想いを感じる曲として聴き入ってしまいます。

●「題名のない音楽会」バックナンバー:https://www.tv-asahi.co.jp/daimei_2017/contents/Broadcast/bn-cur/

●「音楽界の帰り道」:https://www.tv-asahi.co.jp/reading/daimei-blog/3133/

●「ティアーズ・イン・ヘヴン」:https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=JxPj3GAYYZ0&fulldescription=1&app=desktop

********

クラプトンの言葉もギターをアコーディオンに置き換えて記憶に留めておきたいですね!

 「ギターを手にしたら、いつだってこれが最後だという気持ちで弾くんだ」 ~エリック・クラプトン~

2020年10月17日 (土)

第6回オンライン飲み&演奏会♪

 佐藤将さん主催の「オンライン飲み&演奏会」6回目、今日も楽しく参加させていただきました。参加者は4名でしたが、お喋りも弾んで演奏も3曲ずつ、あっという間の2時間でした。「かるふーる」もそうですが、人数が多い時も少ない時も、それぞれに異なる楽しさがあります。

 将さんのお話によると、JAAイベント「インターネットわくわく広場」には締め切りの10/25までに今後続々と投稿が予定されているとのことです。こちらも楽しみですね! 今日も新たにアンサンブルが増えていましたが、「かるふーる」のお仲間たちからの投稿もまだ増えそうですよ。

 次回の「オンライン飲み&演奏会」は11/23(月・祝)に予定されているそうです。オンライン演奏会ブログに詳細がアップされたら再度お知らせをしますね。将さん、今日も楽しい場を設けていただき、ありがとうございました。

2020年10月16日 (金)

お花いろいろ

下の二つは、どうも「ランタナ(七変化)」というらしいです。変わってますよね!

ランタナの写真を集めたページを見るとカラフルで驚きます。
https://www.google.com/search?q=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A&sxsrf=ALeKk02XFV8nn-SUwjPU8NoNUBvbZjvywg:1602851873366&tbm=isch&source=iu&ictx=1&fir=8oPOKHK3TlsBRM%252CWS5ldDP0197ZcM%252C%252Fm%252F02wwg0_&vet=1&usg=AI4_-kT6YDLpBXH8_AiScvz3KiHkLjMXYw&sa=X&ved=2ahUKEwifiKjEkLnsAhUIGKYKHSF6D0QQ_B16BAgrEAM#imgrc=VgkFA507oDRvBM

1602770027986

1602769902770

最後は「イヌサフラン」、こちらは有毒だそうです。

1602770262721

酔芙蓉(すいふよう)

 近所の薬用植物園で白い綺麗な花が咲いていたのですが、同じ木にピンク色の花もあって、何故かピンクはみんな枯れていました。ピンクが咲き終わると白が咲き始めるという時間差で色違いの花が咲く珍しい植物なのかなと思いながら写真を撮ってきました。「スイフヨウ」と書かれた札が添えられていたので調べてみたら意外なことが分かりました。

 なんと一日のうちに白からピンクに色が変わる面白い植物なんだとか。その色の変化がお酒を飲んで顔が赤くなる様子に似ているということで、漢字で書くと「酔芙蓉」となるらしいです。いろんな植物がありますね!

https://greensnap.jp/article/8559

Photo_20201016212801

2020年10月11日 (日)

オンライン交流会♪

 佐藤将さん主催の「オンライン飲み&演奏会」に触発されて「かるふーる」お仲間たちがSkypeを使ったオンラインの交流会を始められ、私も誘っていただき参加させていただいています。今日は3回目の交流会があり楽しい時間となりました。「オンライン飲み&演奏会」の時にもGoogleMeetの使い方は分からないしと躊躇して参加に踏み切る勇気をなかなか持てませんでしたが、Skypeも全く分からないからと最初はお断りするつもりでいました。それでも私よりも年長の皆さんが丁寧に教えてくださって何とか参加ができ、参加してみると70代・80代の方々が楽しそうにオンライン交流をなさっていて「すごいなぁ~」と感心してしまいました。そして、すごいのはオンラインに適応なさっていることだけではなく、演奏もまた素晴らしいのです。私より年下の参加者もいらっしゃいますが、人生でも音楽経験でも先輩の皆さんのパワフルなお姿に毎回大きな刺激をいただいています。

 この集まりは「かるふーる」とは別の複数の音楽交流の場のお仲間たちとも繋がるもので、奈良や名古屋在住の方たちとも東京に居ながらにして交流を持つことができています。特に奈良からご参加なさっている方とは20年近く前に知り合って以来、実は直接にお会いする機会はないまま時が過ぎていて、コロナ禍の副産物のようなオンライン交流会によって初めてパソコン画面越しの対面でお話することができました。(これまではお手紙などのやり取りだけだったのです。)大変な面も多くあるコロナの時代ですが、こんな状況だからこその意外な楽しみ方があったりして、人生って面白いものだと改めて思います。

 今日ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。

*************

 Skype交流会は固定メンバーでやっているのですが、佐藤将さんの「オンライン飲み&演奏会」はどなたでもご参加が可能です。次の土曜日(10/17)に第6回めの集まりがありますので、興味のある方は以下から詳細をご覧になってみてください。初参加の方は接続テストをして下さるので事前申し込みが必要で、その締め切りは10/12(月)明日になっています。

●第6回オンライン飲み&演奏会:http://online-aco.blog.jp/archives/7341317.html

2020年10月 9日 (金)

アナスタシア

 少し前にパット・ブーンの「砂に書いたラブ・レター」というタイトルのCDアルバムをBGMに台所仕事をしていて、ちょっとばかりミステリアスな雰囲気の曲があったので何だろうと思ってタイトルを見たら「アナスタシア」という曲でした。アナスタシアって人の名前かしらなどと思いながら数日後、1956年の古いアメリカ映画「追想」を観ていたら同じ曲が流れてきました。確認してみたら、この映画の原題が「Anastasia」でした。ユル・ブリンナー、イングリッド・バーグマンなどが出演し、ロシア帝国ロマノフ王朝のアナスタシア皇女がロシア革命時に処刑を免れて生き延びているという設定での話の展開でした。最後は粋な計らいでのハッピーエンドで面白かったです。(史実ではありませんが)

 ちょっと気になる曲だったので、そのうちにアコーディオンで弾いてみるのもいいかなぁなんて思いました。ワルツが弾きやすそうかな~♪

●Ingrid Bergman - Anastasia /イングリッド・バーグマン‐追想 1956:https://www.youtube.com/watch?v=IcGHT43i7QM&t=57s

●Pat Boone - Anastasia (1956):https://www.youtube.com/watch?v=NoYMNMZfMy4

●Anastasia Waltz:https://www.youtube.com/watch?v=zNWLupMbLoU

 

より以前の記事一覧