フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

音楽

2016年3月23日 (水)

「第2回 中原アコ弾こ会」レポート♪

101_2


101_1



1



2_1


3




5


6


7


8_2


Cimg7986r


Cimg7988r





Cimg7992r_2


Cimg7995r


Cimg7999r


Cimg8004r


Cimg8009r


Cimg8014r


Cimg8039r


Cimg8041r


Cimg8044r


Cimg8046r


Cimg8049r


Cimg8050r


Cimg8055r





Cimg8056r_2


Cimg8058r


Cimg8062r


Cimg8069r





10_2


11


12_2



Photo

*******************************************************************

3/20(日)に開催された「中原アコ弾こ会」の写真とレポートが届いています。今回も楽しい集いとなったようですね♪ (写真提供:満武さん・武田さん)

::: covanchoさんからのレポート :::

heart04shine 第2回 中原アコ弾こ会 shineheart04

3月20日(日)武蔵中原のコーヒースポットライフにて2回目の「中原アコ弾こ会」が開催されました。
丁度お店は20周年。
店内は春のお花で飾られ出窓のグリーンも陽射しを受けて美しくとても居心地の良いスペースでした。

参加人数は21名

アコーディオン演奏者は15名。
フレッシュさんもベテランさんも
お教室で習っている方も、フリーで練習をしている方も新しい出会いがあり楽しい一時となりました。
ご参加下さった皆様、ありがとうございました!!

今回はあみだくじで演奏順番を決め、
それも全部発表ではなく刻んで順番を知らされたので聞くときもコーヒータイムも自分がいつ弾くのかドキドキだったことと思います。

以下が演奏者と演奏曲です。
参加した皆さんが名簿にご自身の演奏曲を記入して下さり大助かり。感謝、感謝

♪大◯さん  2つのギター
♪石◯さん  早春賦、北国の春
♪◯原さん  青い山脈
♪大◯さん  パダムパダム
♪◯原さんと大◯さんのデュオ エーデルワイス
♪池◯さん  クンパルシータ、わらの中の七面鳥
♪野◯さん(歌)と満◯さん おもいでのアルバム、星影のワルツ
♪大◯さん  オルガ

。.:*♡.。.:*♡コーヒータイム.。.:*♡。.:*♡

♪須◯さん  Dance of the Comedians
♪須◯さんと大◯さんのデュオ Radino horo
♪大◯さん    Svornato horo,Dajcovo
♪畑◯さん  ポエマ、アンダルシア
♪後◯さん  旧友、碧空
♪渡◯さん  フニクリフニクラ、春のメドレー
♪◯津さん  サントワマミー、スラブ娘の別れ
♪◯田さん  卆業、あなたをもっと知りたくて
♪伊◯さん  ちょうちょう
♪満◯さん  SLメドレー
♪野◯さん(歌)と満◯さん  今日の日はさようなら

曲名等誤りがございましたらお許しくださいm(_ _;)m

今回は体調が思わしくなく演奏できなかった方も次回は是非お聞きすることを楽しみにしております!

人前で演奏はすることは家でできていたことが出来ずに頭がまっしろけになったりしますが、たまにはこんな経験もいいですよね!?

次回は10月16日(日)と決まっております。是非スケジュールをあけてご一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

皆様とまたご一緒出来る時を楽しみに

お疲れさまでした(*˘︶˘*).。.:*♡

2015年10月20日 (火)

中原アコ弾こ会@Coffee Spot Life♪

1210Cimg7379r





11


12


13


14


15


16


17


18


19


20








3


4


5


6


7


8


9


Cimg7374r_2

10/18(日)に開催された「中原アコ弾こ会」の様子です。
写真は満武さんとお髭のNさんから、レポートはcafetardeさんから届きましたので、参加できなかった皆さんもご一緒にお楽しみください♪

このような集まりが日本中あちらこちらで開かれること、アコーディオン大好きな私たちにとっては嬉しいことですね! アコーディオンだけでなく他の楽器や歌のお好きなお仲間とも一緒に楽しめる場があることで、地域活性化にもつながり高齢化社会においての介護予防的効果も期待できるのではないでしょうか?

などと難しいことを書くまでもなく、音楽を愛する人たちが集える場が増えていくことは喜ばしいことだと思います。また次回もあるようですので、武蔵中原にお近い方はお楽しみになさってくださいね。(お店の収容人数があまり多くないため、今回は公にする間もなく満席になってしまったそうですが、興味のある方は、発起人の大橋さんへお問合せなさってみてくださいませ。)

*** 以下はcafetardeさんからのレポートです ********************

heart04shine「中原アコ弾こ会レポート』

10月18日(日)武蔵中原のコーヒースポットライフにて、「第1回中原アコ弾こ会」が、開催されました。

参加人数19名中、アコーディオン演奏者15名ということで、お店の広さからすると、なかなかちょうどよい人数。

司会進行は、発起人の大橋さん。

午後2時スタートで、まずは、大橋さんのウェルカム演奏「チャイニーズ・ワルツ」からはじまり、参加者が1人2曲くらいずつということで、自己紹介をしながら、順に演奏していきました。

アコーディオンソロの他、デュオ、コンサーティーナ演奏、アコーディオンとマンドリンのデュオ、そして、みんなで歌うコーナーがあったりと、盛りだくさんの内容で、弾く人も聞く人も、楽しんでいただけたようです。

途中、ブレイクタイムでは、コーヒーor紅茶とレアチーズケーキとともに みなさん楽しそうに歓談されていました。レアチーズケーキ、美味しかったなあ!

歓談の後には、後半の部がはじまり、トリはもう一人の発起人の満武さんの演奏。最後に、野沢さんリーダー、満武さん伴奏で、みんなで「今日の日はさようなら」を歌ってお開きとなりました。
午後5時終了。

演奏曲目は、

チャイニーズ・ワルツ♪ヴォルブタ♪チャルダッシュ♪私のお気に入り♪エディットピアフをたたえて♪前線の森にて♪天の夕顔♪
オーバー・ザ・レインボウ(デュオ)♪小さなブティック(デュオ)♪ウィーンわが夢の街♪
かえるのうた(コンサーティーナ)♪コンサーティーナリール(コンサーティーナ)♪群衆♪ドミノ♪ラ・クンパルシータ♪
マイアミビーチルンバ)♪君をのせて(アコーディオン&マンドリン)♪ジョリー・キャバレロ♪双頭の鷲の下
♪学生時代(歌)♪山小舎の灯(歌)♪シンプル・タンゴ♪アンダルシア♪スタイル・ミュゼット♪
エレノ・モメ(デュオ)♪軍艦マーチ♪チロルのアコーディオン弾き♪今日の日はさようなら(歌)


まさにこれは、立川「かるふーる」の武蔵中原版ですね。
だって、「かるふーる」のような会を川崎でやってみよう!ということではじまったのですから。お手本は、すべて「かるふーる」です。
こんなアコーディオンの小さな演奏会が、あちこちで開催されるようになって、アコーディオンが、どんどん広まっていくと素敵ですよね。

次の開催は、まだ未定ですが、またやってほしいという声もあり、近々「第2回中原アコ弾こ会」が開催されることと思います。

参加費1000円で、おいしいコーヒーとケーキがいただけて、アコーディオン三昧の「中原アコ弾こ会」は、誰でも参加できます。
次回も楽しみですね!

(by cafetarde)

2015年3月27日 (金)

渡邊芳也さんの思い出(レンツサーカスの思い出)♪

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2013/02/post-a0fb.html

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2014/02/post-9d2a.html

 一昨年・昨年と渡邊芳也さんの思い出について書いたのですが、今年は三周忌になるのだと分かっていながら、いろいろな手続きごとに追われ思い出を語れませんでした。 

 前の記事でご紹介したラジオ番組のプログラムを眺めていて、ハッとしました。「Circus Renz」とは私にとって忘れられない曲「レンツサーカスの思い出」ではないかと。 

 もう随分昔の話ですが、2003年1月に川崎親子劇場の公演で「ウイリアム・テル」を音楽劇としてやるということになり、その劇中でアコーディオンを弾くというお話を芳也さんからいただきました。自分にはとても出来そうにないとお断りしたものの他に引き受けていただける方を見つけられず、最終的に岩城里江子さんとのダブルキャストでということでお引き受けしました。公演プログラムの後半は音楽会のような形だったように記憶していますが、アコーディオン奏者としての一番の見せ場というのでしょうか、アコーディオン独奏で一曲入れましょうということになり、そこで芳也さんから提案のあった曲が「レンツサーカスの思い出」でした。

 音源をいただき、そこから譜面を作り必死で練習しました。充分な準備期間もなく本当にこんな状態でプロの方たちと一緒に舞台に上がってもいいものかと不安に思いながら本番を迎えてしまいました。無我夢中の日々で9回程の公演に出演させていただいたのですが、最後の最後でやっと気持ちに余裕が出てきて、少しだけ演奏を楽しむことができたような記憶があります。

 そんな貴重な経験の場をくださった芳也さんには今でも感謝の気持ちでいっぱいです。プロの皆さんの舞台作りの場を一緒に経験させていただき、良い思い出となりました。その後も時々この曲を弾いていましたが、最近はすっかり指も動かなくなり弾く機会もなくなっていました。アコーディオンを弾く時間が取れるようになったら弾きたい曲の中の一つです。

 そういえば10年前、記念すべき『かるふーる』第一回目で岩城里江子さんと一緒にこの曲を弾いたのではなかったでしょうか。

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2005/10/post_abb5.html(『かるふーる』第一回の記事)

●「レンツサーカスの思い出」 https://www.youtube.com/watch?v=5Uw0vLs8PPs

 芳也さんにいただいた音源は、この演奏とほぼ同じだったように思います。とても懐かしいです。この女性のように楽しそうに演奏をできるようになりたいですhappy01

 他にもいろいろな演奏がありました。よろしかったらお楽しみください♪

https://www.youtube.com/watch?v=CeL2c6qMdq4

https://www.youtube.com/watch?v=KX2kufS-k-c

https://www.youtube.com/watch?v=AgDkr7CnKS8

2013年11月18日 (月)

「らいぶ卒還リハーサル 其の一」♪

Cimg4576r
Cimg4580rこちらのブログでもご案内しました「らいぶ卒還リハーサル 其の一」が先週土曜日に開催されて、大勢のお客さまで賑わったようです。満武直人さんからライブ訪問記と写真が届きましたので、ご紹介します。楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。満武さん、ありがとうございました。そして、大橋さんと小林さん、本番までの長丁場、楽しみつつリハーサルを重ねてくださいね。本番はサントリーホール辺りでしょうかsign02

::: 以下転載です :::

11月16日(土)(15:00開演)、「卒還ドランカーズ」による「らいぶ卒還リハーサル 其の一」というアコーディオンとマンドリンのライブがあるということで覗いてみました。卒還の意味はメンバーである大橋さん(かるふーるの常連)が卒寿(90歳)を迎えた時に相方の小林拓美さん(共に平山アコーディオン教室)が還暦を迎える事になるので、その時が本番でそれまではすべてリハーサルで今回は其の壱と云う事のようです。会場は南武線。武蔵中原のCoffee Spot Lifeというところで観客は17名とほぼ満席で、アコーディオンのソロ、マンドリンとアコーディオンの合奏あり、ほほえましいトークありと、家族的でなごやかなひと時を過ごさせていただきました。お店のマスターの言ですが、「一人でコーヒー等をこれだけのお客様の為に用意するのは大変でしたが、楽しませていただきました」と云われておりました。

 

曲目 

第1部 オーソレミオ、小雨降る路、リリックワルツ、オルガ、会議は踊る、ラ・デユ 

 
第2部 7月7日、北の宿から、第3の男、夜のタンゴ、夢路より、君をのせて

(アンコール) カチューシャ

 

 

Cimg4583r


Cimg4591r


Cimg4593r




Cimg4578r

2013年10月20日 (日)

「ブエノスアイレスのマリア」♪(バンドネオン小松亮太さん)

 昨夜放送された小松亮太さんが出演なさる番組、真夜中なので録画しておいて今日になってから見ました。アルゼンチン・タンゴの演奏ももちろん素敵ですが、小松さんのオリジナル曲もとてもいいですね♪ 8月に新譜がリリースされているそうです。興味のある方は以下で詳細が分かりますよhappy01

●小松亮太さんの新譜情報: 
*http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=2422&cd=SICC000001644

*http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/14678

●小松亮太さんのオフィシャルサイト: http://www.ryotakomatsu.com/

●小松亮太さん SonyMusicサイト: http://www.sonymusic.co.jp/artist/RyotaKomatsu/

2013年4月 8日 (月)

『かるふーる』の代わりに♪

 4月6日の『かるふーる』にご参加予定だった皆さん、ぽっかりと空いてしまった時間をどのようにお過ごしになりましたか? 私は「かしましミニライブ」の練習を優先した結果いろいろと溜まっていたことを少し片付け、やっぱりアコーディオンも少し弾きました。何を弾いていたかというと、『歌声カフェ「空」』のリクエスト可能曲目リストにある曲たちです。まだまだ上手く伴奏できない曲がたくさんあるし、曲そのものがよく分かっていないものもたくさん! 使っている歌集の譜面がどうもコードとか音符の長さとか変な気がするものもあったり。そのうちと思って先延ばしにしていた「今一つどんな曲だかよく分からない曲や気になる曲をYouTubeで探してみる」ということも思い立ってやってみました。探すといろいろと出てきて、オリジナルはどれなんだか分からない曲もあります。とりあえず、かなり参考にはなりました。

 どんな曲を探したかというと・・・

♪鉾をおさめて:http://www.youtube.com/watch?v=PIuRZ5fWVdo

♪鉾をおさめて(歌声バージョン):http://www.youtube.com/watch?v=c0sdmK_pjQo
 (青柳常夫さんのお姿らしき映像が!)

♪紅屋の娘:http://www.youtube.com/watch?v=U7qCPig2mPI

♪ふるさとの:http://www.youtube.com/watch?v=oaLkzuA6mjY

♪母:http://www.youtube.com/watch?v=NF4KeL4sHrM

♪時には母のない子のように:http://www.youtube.com/watch?v=NF4KeL4sHrM

♪友よ:http://www.youtube.com/watch?v=9YyXP-Nq_LU

♪別れの磯千鳥:http://www.youtube.com/watch?v=A2TXtp9s2nk
 (思っていた感じとはずいぶん違っていました! これがオリジナルでしょうか?)

♪れんげ草:http://www.youtube.com/watch?v=yf-42GaHass
 (この曲はビリー・バンバンによって1972年に発表されたらしいので、私は中学生になるかならないかの頃でした。あまり記憶にないのですが、とってもいい曲ですね♪ )

 続きはまた~happy01

2010年2月16日 (火)

夜のプラットホーム

 先日ラジオで『夜のプラットホーム』という曲を小松亮太さんのバンドネオン演奏で聴く機会がありました。昨年9月に発売になったアルバムに収録されているんですね。とっても魅力的なタンゴの名曲の数々が並んでいます! ラジオ番組では大ヒットしたという二葉あき子さんの歌声と小松亮太さんのバンドネオン演奏の二つを聴けたのですが、Wikipediaによると、もともとは淡谷のり子さんが戦時中に吹きこんだものだとか。その後、発禁処分になったり、偽りの洋盤が出たりと、面白いエピソードを持つ曲なのですね。淡谷のり子さんの歌を聴いてみたいなぁと思ったら、YouTubeに二葉あき子さんと淡谷のり子さんの両方を一度に聴けるものがありました。どちらも素敵です♪

●小松亮太さんのブログ:http://ryotakomatsu.eplus2.jp/
●小松亮太さんのCD情報:http://cd.eplus.jp/detail.php?ASIN=B002IQ923U
●「夜のプラットホーム」Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
●「夜のプラットホーム」YouTube(二葉あき子・淡谷のり子):http://www.youtube.com/watch?v=dO35SttG5ro

2009年8月 8日 (土)

「一本の鉛筆」へのコメント

 『一本の鉛筆』という私のブログ記事に「たしろ」さんからいただいコメントも興味深く読ませていただきましたので、勝手ながらこちらへ転載させていただきます。今の時期、一人一人が何かを考えるということは意味のあることだと思います。

 『一本の鉛筆』、私自身も最近まで知りませんでしたが、一般的に広く知られている曲ではないのかもしれませんね。でも、一度耳にすると記憶に残る曲だと思いました。シンプルな美しいメロディー。詞もシンプル。メッセージも強く押し付けるものではなく、静かに想いを伝えようとしているように感じます。反戦歌と言うのも躊躇するぐらい穏やかなメッセージだと思います。

 私自身、戦争反対という気持ちを対外的に表明して何か積極的な活動をしていきたいという程の行動力は持ち合わせません。それでも、自分の能力・体力を考えて無理のない形で世の中に対して何か気持ちを表明していくことも自分らしく生きていくために必要なことなのではと思い、時折自分の感じることをブログ記事として書いています。「たしろ」さんの仰るように、苦手意識を持たずに自分の考えるところ、感じるところを表へと出していくことも大事なことですね。このように自分の書いたことに対してコメントをいただくことで、また新たに様々なことを考えるチャンスをいただけます。

 「たしろ」さん、ありがとうございました。

::: 以下転載です :::

【亭主のわがまま丸出し/ミスタッチ御免】の開き直りスタイルで今年1月から何とか続けている自家製の歌声喫茶(ばっは亭)は、「夏本番・祈り・願い」というテーマで先日「長崎の鐘」や「見上げてごらん夜の星を」など8月に因んだ曲を中心に、ご近所のおばちゃん達に2時間程かけて26曲程歌って頂きましたが、実は「1本の鉛筆」も用意していました。しかし残念ながら皆さん殆どこの曲をご存じないようですね。そのような訳で皆さんへの楽譜は用意したものの今回は残念ながら歌うのを中止としました。

ところで「1本の鉛筆があれば・・」は、味わい深い良い歌ですが、一体どんなことを言おうとしているのでしょうか。例えば、「あのとき、たった10円足りなかったかったばっかりに、○×が出来なかった。(そのため悔いを残すことになってしまったが、)あぁ、あの時たった1個でも10円玉があったなら電話して助けを求めることも出来ただろうに・・・」これに似たような感情なのでしょうか? 少しみなさんとお話してみると「戦争反対」と強く言いたい人の中にはどうやらこれに近い感じをお持ちの方が多いようでしたが、僕の解釈はすこしべつのところに有るように思います。

「何処にでもある鉛筆や紙を使って、誰もが感じていることを自分の言葉で伝えるってことに挑戦してみましょうよ。小さな願いかも知れませんが、勇気を出して表現しましょう。私は、私なら、一本の鉛筆があれば、こう表現します。」
・・・このような素直な、開かれた気持ちを歌っているのではないかと思っています。なにしろ、自分の考えを述べることって日本人は特に苦手なようだし。でも、こういう苦手意識は克服していくことが今は特に大切なように思います。

あ、こんな書き込みをさせて頂いても宜しかったのでしょうか、つい、残念な思いもあったのでゴメンナサイ。

2009年8月 6日 (木)

「長崎の鐘」へのコメント

 先日書いた『長崎の鐘』にいただいたコメントには大変興味深い内容が含まれていて、是非多くの皆さんに読んでいただければと思い、こちらへ転載させていただきました。コメントくださいました、田中さん、ありがとうございました。

:::: 以下転載です :::

ずいぶん御無沙汰しております。
もう忘れられていると思いますが、カルフール発足当時、何度かお邪魔した者です。 その後体調が優れず、ずっとROMしておりましたが、「長崎の鐘」が出てきたので、思わず反応してしまいました。

当時カルフールで弾かせてもらったかどうか記憶が定かではありませんが、好きな曲の一つです。
因みに「長崎の鐘」、「青い山脈」、「夏の思い出」・・・と私とは、同い年の仲間。 自己紹介に良く使わせてもらっています。 もう”アラカン”ですね。 全て故藤山一郎氏が歌っています。 みんなに親しまれた日本の歌、名曲と同じ年に生まれてHAPPY!と感謝しています。

藤山一郎氏がアコを担いでDr.永井隆氏を訪ねた御礼に、永井氏から送られた返歌:
「新しき朝の光のさしそむる 荒れ野に響け長崎の鐘」
に藤山一郎氏が曲をつけて、3番のあとに歌っていたのを、生前何度となく聞いていますが、これもお気に入りでした。 某新聞記事によると、後日(没後)、作曲の古関裕而氏も同じ詞に別の曲をつけていたのが発見されたそうですが、生前は藤山一郎氏に敬意を表して、発表することはなかったそうです。 お互いが相手を尊重しあっていたのですね。

古関版は、藍川由美氏がCD化されていると聞いていますが、私は聞いたことがありません。

昔のTV番組の記憶ですが、曲の発表後、古関氏には、永井氏から、手作りのロザリオが送られてきたそうです。

作詞のサトウハチロー氏も、原爆には深い関係があり、直前に、実弟を広島の原爆で亡くされているとのことです。 弟への鎮魂の思いを込めて作詞されたのだそうです。

永井氏執筆のの3部作「長崎の鐘」、「ロザリオの鎖」、「この子を残して」を読むと、「形見に残るロザリオの 鎖に白き我が涙」の詞の意味も良くわかります。

核兵器をはじめとする戦争は、この世から無くなってほしいですが、名曲は永遠に残ってほしいものです。
でも今の世の中、このような名曲は、もう二度と出て来ないでしょうね。

長文:駄文、失礼致しました。
なお内容には記憶間違いが含まれているかもしれません。
その節は御容赦を。

一本の鉛筆

 朝起きてテレビのニュースを見ながら頭に思い浮かんできたメロディー、『一本の鉛筆』。この曲も、数年前に初めて聴いて強く印象に残った曲でした。美空ひばりさんが、この曲を愛し大切に歌っていらしたことも、今日初めて知りました。恥ずかしいぐらい知らないことがいっぱいな私ですが、日々何か一つずつでも新しいことを知り、そして、代わりに嫌なことや辛いことは忘れ去りながら生きていきたいなと思います。
 とはいえ、忘れてはいけないこともありますね。戦争の悲惨さ、これは忘れてはいけないことです。二度と戦争で家族を失うような時代が来ないように、ささやかなことでも一人一人が出来ることを続けていかなくてはと思います。そして、今も戦火に苦しむ人々がいることにも思いを馳せ、地球が平和な星になる日が来ることを祈りたいと思います。

●「一本の鉛筆」美空ひばりさんのYouTube:http://www.youtube.com/watch?v=XSI-h2xKow0
●「一本の鉛筆」asahi.com:http://www.asahi.com/showbiz/music/OSK200806300082.html

より以前の記事一覧