フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

行ってきました!音楽編

2019年5月26日 (日)

みなみこうえん祭り2019♪

 今日の午後、東大和南公園で開催された「みなみこうえん祭り2019」のミニコンサート。「かるふーる」のお仲間でもあるハーモニカの町田さんのグループの演奏に合わせて7曲歌ってきました。「やさしいハーモニカ・あじさい」の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

 そして、その前の時間帯に設定されていたアコーディオン独奏はというと・・・
楽器のトラブルで、何とか演奏できたのは予定していた9曲のうちの2曲(「エンターティナー」「青い山脈」)。「パリ空」「ムーンリバー」「やさしさに包まれたなら」の3曲は途中で中断、他の曲は演奏断念、という結果となってしまいました。

 2月に空気漏れも修理して頂き、弾きこむほどに音の鳴りも良くなってきたように感じていた中古エキセルシャーですが、暑さのせいでしょうか、押した鍵盤が戻らなくなり音が鳴り続けるというような症状が出て、予定曲全部を弾ききることは無理そうな状況で、途中で演奏を諦めざるを得ませんでした。テンポの速い賑やかな曲ならば、鳴り続ける音があっても、あまり目立たず最後まで弾けるかなと思い、プログラム最後に予定していた「青い山脈」を客席近くで弾かせていただいて終わりとしました。ブログを見て遠方から来てくださった「かるふーる」のお仲間もいらしたのに、残念な演奏で申し訳ありませんでした。でも、その後、一緒にお喋りタイムを持つことができたのは、楽しかったです(^-^) 

 イベント主催者の方々にもご迷惑をおかけすることになり、反省もしています。昨日から、一部の鍵盤が戻らなくなる症状が既に出ていたのに、そこだけの問題だと思って、その音を弾かないようにすれば大丈夫と考えて楽器を変えることをしませんでした。ところが演奏を始めてみると、昨日とは別の箇所でも鍵盤が戻らなくなっていたようで、正常に演奏ができる状態ではなくなっていました。昨日の時点で、他の楽器で演奏をすることを考えるべきだったのかもしれません。今後に生かしたいと思います。

 それにしても、急な暑さで接着剤が溶けるなどしてのトラブルでしょうか。せっかく蛇腹にマスキングテープを貼ったり、左手部分のバンドにもカバーを付けて滑りを良くしたりなど、これから自分のメインの楽器としたいと思っていたので、とても残念です。8 kg 台の重さの楽器に慣れた体で、また10 kg 以上ある楽器に戻るのは気が重いですが、仕方ないですね。

 今日の私のプログラムは、6月か7月に「カフェバーCoo」で30分程演奏させて頂く予定になっているので、そこへ向けて別の楽器(ゲリーニ)で再練習しようと思っています。日程が決まりましたら、またブログでお知らせ予定です。

(写真は今日のミニコンサートのプログラムです。町田さんのグループの曲目もご覧になれます。)

Photo_41

2019年5月23日 (木)

キャリコのコンサート♪

 昨日は病院内コンサートで「キャリコ」のお二人の素敵な演奏を30分ほど楽しんできました♪

 お二人の姿が良く見えるお席がちょうど空いていたので、珈琲を頂きながらの幸せな午後のひとときでした。前半はシャンソンなどフランスの曲、後半はロシアの曲、最後はアンコールに応えて「オー・シャンゼリゼ」。この病院でのコンサートは2回目だとのこと。自宅から近い場所なので、私は第3回目を今から期待しています~(^-^) 

 「キャリコ」のお二人、ありがとうございました❤

2019年5月 5日 (日)

Double Fantasy Live (Sayaco&Kyo Furuya)♪

 5/3(金)の午後は東大和「カフェバーCoo」で開催されたライブへ足を運んできました。Cooオーナーのシンガーソングライター:ふるや杏さんと歌姫:Sayacoさんのお二人による素敵なライブでした。ギターとフルート&オカリナのゲストも含め、素晴らしい演奏とちょっとお笑い的な要素もあり、楽しい2時間を過ごしてきました。ドレスにお着物と衣装替えも多く、華やかなステージでした。「かるふーる」のお仲間、町田さんや三河さんなどのお姿もあり、『歌声カフェ「空」』や『Coo楽芸会』の常連の方たちも多くいらっしゃいました。私は久しぶりにお目にかかったギター弾き語りのI さんといろいろとお話をしているうちに、一緒に施設ボランティアをやらせて頂けることになりそうで、それも嬉しいことでした。私が2010年春頃までの約10年間毎月通ってアコーディオンを演奏させて頂いていた施設にI さんもずっと通っていらっしゃって、来月か再来月か都合の合う時にご一緒させて頂けそうです。

 家族が体調を崩して入退院を繰り返すようになった2010年以降は定期的な施設訪問ボランティア活動は止めていましたが、これからまた少しずつ地域でアコーディオンを聴いてもらう活動を増やしていければいいなと思っています。

2019年4月30日 (火)

「三河しゅうぞうと仲間たち」2019.04.29♪

 昨日は東大和「カフェバーCoo」で「三河しゅうぞうと仲間たち(Coo楽芸会)」に参加してきました。「かるふーる」のお仲間でもある三河さんのお声掛けで、所沢や八王子方面など、遠方から参加なさる常連の方も多いイベントです。気負わず気楽に芸を披露しあって、皆で笑いあって元気に年齢を重ねていきましょうという趣旨の会なのではと勝手に解釈していますが、本当に精力的にお元気に音楽や芸事に取り組んでいらっしゃる人生の先輩方のお姿に、毎回たくさんの元気をいただきます。今回は演奏で参加したのは50代前半の方が一番お若く、最高齢は90歳の男性。『歌声カフェ「空」』でいつもギタレレ弾き語りを披露してくださるSさんでした。聴きにいらしていた方々の中には92歳の女性も! 皆で一緒に歌うコーナーでは、促されて一緒に前へ出て歌って下さっていました。「この歳になって、こんなところで歌えるなんて。いい思い出になる。」と少女のような笑顔で喜んでいらっしゃいました。

 いつもと同様に様々な出し物があり、相撲甚句で始まり二胡・お琴・バイオリン・フルート・アコーディオン・サックス・ギター・ハーモニカ・ヴォーカルなど色々な楽器が登場し、手品も披露されました。「かるふーる」にご参加下さったことのあるHさんは、フルート・アコーディオンの他に最近練習を始めたというソプラノ・サックスも吹いていらっしゃいました。いくつになっても新たなチャレンジの歩みを止めないお姿、素晴らしいです! そして最後は三河さんの歌、ふるや杏さんの伴奏で「希望」「夜明けのうた」でした。

 私もそうですが、3ヶ月に一度開催されるこのイベントのために、目標をたてて練習を続けていらっしゃる方が多いようです。仕事のこと、健康のこと、介護のことなど皆さんそれぞれに様々なことを抱えていて、毎回参加したいのにそうもいかないということもあるようですが、このような場があることで人生を楽しく歩んでゆくための励みになっている方も多いようです。三河さん、毎回ありがとうございます。

 私のアコーディオン独奏曲は「ロミオとジュリエット」「チキ・チキ・バン・バン」でした。

2019年1月16日 (水)

「三河しゅうぞうと仲間たち」2019.01.14♪

 一昨日(成人の日・祝日)の午後は「カフェバーCoo」で開催された「三河しゅうぞうと仲間たち(Coo楽芸会)」に参加してきました。今回のトップバッターは手品を披露なさる女性。いつも年齢を感じさせない軽やかな動きで、客席を沸かせてくださいます。ギター弾き語り、ハーモニカ、バイオリン、サックス、二胡、コントラバス、ピアノ、キーボードなど様々な楽器が登場、歌を披露された方々も。

 「かるふーる」のお仲間:町田さんは、ご自身のハーモニカ独奏に加えて別のハーモニカ奏者の方との共演もありました。やはり、以前何度か「かるふーる」にご参加くださったことのあるH さんはフルートやアコーディオンでお仲間の方々と演奏なさいました。そして、司会進行の三河さんは最後に「ヨイトマケの唄」を杏さんのピアノ伴奏で披露して下さいました。何度か聴いているこの歌は、その都度、様々に工夫を加え想いを込めて演奏されます。いつ聴いても心にグッと迫ってくるものがあります。聴きながら知らず知らず涙ぐんでしまっていました。

 三河さん、いつも思い出に残る素敵な会を演出して下さり、ありがとうございます。

 私はアコーディオン独奏で「ムーン・リバー」「白銀は招くよ」を弾かせて頂きました。

2018年12月 3日 (月)

アコーディオンの小さなコンサート♪

 昨日は自由が丘で開催された「アコーディオンの小さなコンサート」に行って来ました。元々は「ポコ・ア・ポコ」のコンサートとして始まったイベントでしたが、3回続けたところで当時闘病中だった私の連れ合いの体調悪化もあり、準備に時間を割けなくなり私は出演をご辞退したのでした。その時に平山教室で大橋さんと同門の坂本光世さんがお手伝いを申し出て下さり、平山教室門下生の皆さんによるコンサートと形を変えて続けていくことになりました。そして、今年は「ポコ・ア・ポコ」時代から数えて10回目とのことで、「節目の回なので久しぶりに工藤さんも来られませんか?」と大橋さんからのお誘があり、私もお邪魔して第二部の冒頭で一曲弾かせて頂きました。
 大橋さんから「ポコ・ア・ポコ」で3回目までやったと聞き、記憶が2回目までしかなかったのですが、過去の記録を辿ってみましたら確かに3回やっていました。身辺が穏やかでなかった時期の記憶は遠くへ飛んでしまっていることもあるようです。「アコーディオンとマンドリンのコンサート」時代の様子はこんな感じでした。
 

*第一回:http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2009/12/post-c337.html
*第二回:
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2010/12/post-f6fc.html
*第三回:
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/12/post-03d7.html

****************************

 さて、ここからが本題、昨日のコンサートの様子です。 

 大橋さんのご挨拶の後、坂本光世さんのウェルカム演奏「南京豆売り」で始まり、5名のメンバーの皆さんの独奏曲が続きました。(第三の男のテーマ、群衆、チャルダッシュ、ダークアイズ、パリの空の下セーヌ川は流れる)。 そして一部の最後にプログラムにはなかった坂本光世さんと五十嵐美穂さんのデュオによる「クロードのタンゴ」を聴くことができました。たまたま楽器持参で仕事へ向かう途中の五十嵐さんが立ち寄って下さり、急きょ決まったことだったそうです。ラッキーなことでした。 

 第二部の冒頭でご紹介頂き、私が大橋さんのアコーディオンをお借りして一曲「グリーンスリーブス」を弾いた後は、「SLは行く」でした。「かるふーる」では大橋さんと工藤で弾いている曲ですが、昨日は大橋さんのマンドリンと小林拓美さんのアコーディオンでのデュオでした。客観的に聴いてみて、楽しいメドレー曲だなと改めて思いました。その後はザ・ピーナッツ(恋のフーガほか)、夜明け、島唄(アコーディオン弾き歌い)、マニアンテ ブギ、サンタ・ルチア(コンサーティーナ)、カルメン序曲ほか、雪が降る(全員合奏)と続き、最後は出演者皆さんの伴奏で会場全体で「今日の日はさようなら」を歌いました。 

 会場では「かるふーる」のお仲間にも何人かお目にかかりました。今週末にはソロライブを予定していらっしゃる池内光子さんにも久しぶりにお目にかかりお話ができました。 

 平山教室門下生の皆さんによる「チームせせらぎ」のコンサート、地域の年末のお楽しみの一つとして定着しているようです。これからも末永く続いていきますように。大橋さんをはじめとしたメンバーの皆さん、楽しい時間をありがとうございました

2018年11月17日 (土)

プチ・マルカート「5周年記念プチ・コンサート」♪

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2018/09/51117-f578.html

 上記記事でお知らせしましたプチ・マルカートの「5周年記念プチ・コンサート」へ行って来ました。玉川上水駅から遊歩道を歩くと「せせらぎ 木漏れ日 そよ吹く風」の世界で気持ち良かったです。靴を脱いで上がる素敵な会場で、休憩をはさんで2時間ほどのコンサートをたくさんの「かるふーる」のお仲間ともご一緒に楽しんできました。

 映画音楽、ジャズ、ピアソラの曲、シャンソンなど多彩なプログラムでしたが、一番会場が湧いたのは、やはり「カルメン幻想曲」だったのではないでしょうか。昨年のJAA国際アコーディオンコンクール(アンサンブル・コンクールの部門)で審査員賞(安保賞)を受賞なさった曲で、メンバーの皆さんがそれぞれに扮装をなさってカルメンの世界を演奏しながら演ずるという趣向はとても楽しいものでした。

 曲の合間合間に、プチ・マルカートが結成されることになった経緯や5年間の歩みについても語られ、皆さんがアンサンブルを心から楽しみながら活動を続けていらっしゃる様子が分かりました。きっと、これからも地域での活動やアコーディオン・イベントへの出演など、ご活躍を続けていかれることと思います。

 ゲストとして「かるふーる」のお仲間でもある秋山美保さんが出演なさっていて、シャンソンをお歌いになりました。こちらも、とても素敵でした。

 午後のひととき、とても心地よい時間を過ごすことができました。プチ・マルカートの皆さん、ありがとうございました

2018年11月 4日 (日)

三浦一馬バンドネオン五重奏♪

 自宅近くのホールで三浦一馬さんのバンドネオンが聴けるということで楽しみにしていた今日のコンサート、突発事件が起きることなく、無事に足を運ぶことができました。開場時間の10分前に着くと既に長い列ができていて、開演時には満席状態でした。300席程の小ホールの真ん中辺りの席で聴くことができたので、ステージ全体が見渡せて良かったです。

 第一部は「オール・ガーシュウィン」、第二部は「オール・ピアソラ」の二部構成で、それぞれ6曲ずつ、最後にアンコールで更にピアソラを2曲。三浦一馬さんのバンドネオンはもちろん、共演の皆さんもそれぞれに素晴らしく、最後まで心から楽しむことができました。

 私はウォーキング友達と一緒に行ったのですが、会場で「かるふーる」のお仲間3名にもお会いしてご挨拶することができました。良い時間を過ごして、心がウキウキしています。

 今週は、仕事を含めて予定がいろいろと多いので、気合を入れて明日からの一週間を怪我をしないように過ごしたいと思います。そして来週の日曜日にはKAZUさんのミニライブも楽しみです

2018年10月21日 (日)

第30回 平山アコーディオン教室 演奏発表会♪

 昨日は平山教室の発表会へ足を運んで来ました。「かるふーる」のお仲間の皆さんも大勢出演なさって立派に演奏なさっていました。五十嵐美穂さんと坂本光世さんの二重奏や、このお二人を含む7名の皆さんの合奏も聴き応えがありました。90歳の男性が立奏で楽しそうに演奏なさっていたお姿にも心を動かされました。

 30回も続いているという演奏発表会ですが、平山先生の熱心なご指導と、それに応えようとする門下生の皆さんの情熱があってのことでしょうか。門下生の皆さんが講師となり更に後進を育てていらっしゃるということですが、お教室情報などに関心のある方は以下でご覧になれますよ。

日本アコーディオン指導者協会:http://acc.ivory.ne.jp/sikyo/

 ご出演の皆さま、良い演奏をたくさん聴かせていただきました。ありがとうございました

2018年10月10日 (水)

「三河しゅうぞうと仲間たち」2018.10.08♪

 一昨日(体育の日・祝日)の午後は「カフェバーCoo」で開催された「三河しゅうぞうと仲間たち(Coo楽芸会)」に参加してきました。都都逸(どどいつ)から始まり、いつものように様々な出し物が続きました。町田さんはハーモニカでデュオ演奏もなさっていました。三河さんは日本の古い歌やシャンソンを歌われました。私はアコーディオン独奏で3曲演奏させて頂きました。

♪エーデルワイス ♪エンターティナー ♪街角

 毎回、驚きや発見もあり学ぶことも多いこの集まり、人との出会いもあり、ありがたい場です。三河さん、毎回ありがとうございます。

より以前の記事一覧