フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

行ってきました!音楽編

2017年8月14日 (月)

第 13 回 Peace & Music ♪

 昨日は東大和ハミングホールで開催されたイベントに行って、少しだけ参加してきました。ロックバンドの激しい演奏で最高潮に盛り上がっている会場内を少し落ち着かせる役割を仰せつかり、アコーディオンを弾きながら会場内を回って3曲聴いていただきました。(2曲の予定でしたが、時間調整のためとのことで直前に一曲増えました。) 聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。

 演奏曲は「街角」「サンジャンの私の恋人」「オー・シャンゼリゼ」。パリの街角でアコーディオンの音色が流れているような雰囲気でというリクエストを頂き、シャンソン三つとなりました。

 「かるふーる」のお仲間、ハーモニカの町田さんのグループは合奏で平和に因んだ曲をたくさん演奏なさいました。「かえり船」「緑のそよ風」「長崎の鐘」「芭蕉布」「故郷」だったと思います。やはり、「かるふーる」のお仲間である三河さんが「カフェバーCoo」の杏さんと一緒に歌詞が書かれた紙を舞台で掲げてお手伝いをなさっていました。

 本当は最後までイベントを楽しんで帰りたかったのですが、急な用事が出来てしまい、自分の出番が終わるとすぐに帰宅してしまいました。知っている方々が出演するプログラムが続いていたので、とても残念でした。それでも、久しぶりにお会いする知人と何人かお話ができたことは幸いでした。来年は、最後まで楽しめるといいなと思いますhappy01

2017年7月30日 (日)

第一回 バルミュゼット東京 et ミュゼットマルシェ♪

 昨日、渋谷にある「サラヴァ東京」で開催された「バルミュゼット東京2017」は「ミュゼットマルシェ」(昼の部)と「ゆかたでバルミュゼット」(夜の部)の二本立てでしたが、私は夜の部へ行ってきました。会場ではたくさんの「かるふーる」のお仲間にもお会いできましたし、ミュゼットの演奏もパリ風フォークダンスもとても楽しかったです。途中で「ラ・ゾーヌ」の方たちから簡単な踊りの型を教えていただいて会場全体で踊ったのも楽しかったし、自然発生的に近くの人同士で手をつないで輪になって自由に踊るのも楽しかったです。イベントが始まる前は、「私は踊れないから、踊っている人を見るだけ」と言っていた私も、別に難しいステップを踏まなくてもいいのだと分かったら、音楽に合わせて自然に身体を動かしていました。会場に居た3時間ほど+その前後の行き帰りの交通機関内で立っていた時間などを計算してみたら5時間近く立ちっぱなしだったのですが、意外にも今朝起きてみたら疲れは残っていませんでした。(昨年から続けてきた骨粗鬆症対策のウォーキングの効果があったかもしれません。) 仕事で何時間も立ち続けるのは苦痛でも、楽しいことであれば疲れも残らないのかもしれませんねwink

 私がアコーディオンに出会った原点に立ち戻ったように感じる昨夜のイベントでした。1989年秋~1992年秋の3年間を過ごしたパリで、ラジオからテレビから流れてくるアコーディオンの音色、その楽しげな音楽に惹かれて、いつかアコーディオンを弾いてみたいと思うようになっていました。大きな公園の一角に野外ダンスホールのような場所がありアコーディオンの音色に合わせて踊る人たちを見て楽しそうだな~と感じたり、テレビ番組の中でアコーディオンを中心とするバンドの演奏に合わせて老いも若きも軽やかにステップを踏んで踊るのを夢中になって見ていたり、気付くとすっかりアコーディオンの虜になっていました。しかし、その当時は4ヶ月で連れて行った息子を育てることで手いっぱいでアコーディオンを手に入れることなど遠い遠い夢だと思っていました。

 その後、1994年になってようやく、あるきっかけからアコーディオンを購入することになり、アコーディオン関係のCDなども手に入れて聴くようになり、自分が夢中になっていた音楽がミュゼットと呼ばれるジャンルのものだと分かってきました。今回、松元利恵さんからこのイベントのお話を伺った時に、自分がアコーディオンに出会った頃の瑞々しい気持ちが蘇ってきました。日本でミュゼットに出会い本格的に学ぶためにパリへ行き住み着いてしまった利恵さんの「日本でバルミュゼットを楽しむ場を作りたいという想い」は、私の気持ちを二十数年分若返らせてくれたようです。昨夜は本当に楽しく30代に戻ったような気分で過ごしていました。

 初めて生演奏を聴く「ラ・ゾーヌ」の皆さんも、後半に加わったミュージシャンの皆さんも素晴らしかったです。現代風にアレンジされたミュゼットももちろん好きですが、昔ながらのスタイルのミュゼットには幼い日を思い起こすような、あるいは田舎の風景を思い浮かべるような懐かしさを感じました。

 このような素晴らしいイベントを企画してくださったRieさん及び関係者の皆さん、ミュージシャンの皆さん、ありがとうございました。また次の機会を楽しみにしていますheart04

**********************************************:

 昨夜、会場へ足を運べなかった方もYouTubeで「ラ・ゾーヌ」の皆さんの演奏を楽しむことができますよ。昨夜の雰囲気を少し感じられると思いますよ♪

「ラ・ゾーヌ」の皆さんの演奏:
*https://www.youtube.com/watch?v=PM3luUco_Bo
*https://www.youtube.com/watch?v=pJhBnGaSVMs
*https://www.youtube.com/watch?v=zwF1o0mTX0k
*https://www.youtube.com/watch?v=uRlj__lw_Fc

2017年7月23日 (日)

JAPCアコーディオン夏祭り 2017 ♪

 昨日開催された「JAPCアコーディオン夏祭り 2017 」は大盛況でしたね! 演奏なさった36組のうち14名が「かるふーる」に一度以上ご参加くださったことのある方々でした。皆さん、それぞれの想いを胸に演奏なさっていました。思い出に残る夏の一日となったことと思います。

 驚いたのは遠路はるばる福岡から10名ほどの方々が参加なさっていたことです。以前にメールのやり取りをしたことがあるものの初めてお目にかかる方たちともご挨拶を交わすことができ、また2006年のダニエル・コランさん来日コンサートで一度お目にかかったことのある「やまぐちまりこ」さんにも再会ができました。福岡で毎年開催されている「アコーディオンの交差点」というイベントにいつか参加したいなぁ~という夢を持っているので、福岡からの方たちと少しお話ができて嬉しかったです。お話をした中のお一人が「アコーディオン*カフェ」というブログをやっていらっしゃって「紙のアコーディオン」というフリーペーパーを作っていらっしゃるということで何部か頂いてきました。次回「かるふーる」の際に回覧しますね。

shine●「アコーディオンの交差点」 http://kousaten.accordion-lab.com/

shine●「アコーディオン*カフェ」 http://accordioncafe.blog.fc2.com/ (「アコーディオンの交差点」の様子も分かります)

 ゲストの「シャカリーマン」(アコーディオン:原田忠さん、コントラバス:宮坂洋生さん)のお二人のパフォーマンスも素晴らしかったです。演奏だけでなく、笑いを誘うようなトークがまた楽しくて、クセになりそうですね!

shine●「シャカリーマン」のYouTube https://www.youtube.com/watch?v=Fkf-O4gEc1U

 私は都合がつかず打ち上げには参加せずに帰宅しましたが、打ち上げも大いに盛り上がったことと思います。来週末のイベント「バルミュゼット東京2017」の主催者である松元利恵さんも田ノ岡三郎さんや松本みさこさんと一緒に演奏を楽しまれたそうです。

 「夏祭り」の次は「バルミュゼット」へGo!
ということで、来週末もまた多くの皆さんとお目にかかれると嬉しいですhappy01

shine●「バルミュゼット東京2017」http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2017/07/et-d8c7.html

2017年7月10日 (月)

「三河しゅうぞうと仲間たち」2017.07.10 ♪

 今日は「カフェバーCoo」で開催された「三河しゅうぞうと仲間たち(Coo楽芸会)」へ行ってきました。今年4月に10周年を迎えたこのイベントは毎回大勢の参加者がいろいろな芸を披露してくださる楽しい集まりです。今回は琴、ヴァイオリン、サックス、ギター、ピアノ、コントラバス、キーボード、ウクレレ、口笛、アコーディオンなどの楽器の他にも歌、一人狂言、手品、落語などの出し物もありました。仕事の他に何か夢中になって取り組めるものがあるって本当にいいですね。どの方もパフォーマンスを披露することを楽しんでいらっしゃることが伝わってきます。そして、このような場が三か月に一度あることを喜んでいらっしゃることが感じられます。回を重ねる毎にどんどんお上手になっていかれる方が多い中、私はあまり進歩していませんが、今日も2曲アコーディオン独奏を聴いていただきました。演奏曲は「太陽がいっぱい」「チキチキバンバン」でした。

 三河さんは「南国土佐を後にして」「さとうきび畑」を「ふるや杏」さんのピアノ伴奏で聴かせてくださいました。事前の準備から当日の細やかな心配りまで、三河さん、毎回ありがとうございます♪

第11回 そよ風コンサート♪

 三多摩アコーディオングループの皆さんによる「そよ風コンサート」に昨日は行って来ました。これまでにも何度かご案内を頂いていながら、なかなか都合が合わず、家から近い会場での演奏会なのに今回初めて足を運びました。一昨年急逝なさった青山義久先生のご存命中に伺えれば良かったという少々の後悔がありますが、今回の演奏会を楽しむことができたことを本当に嬉しく思いました。

 プログラムは青山先生の作曲による「ワルツな気分」という楽しい曲の全員合奏で始まり、アンコールも同じ曲で終わりました。全員合奏、独奏、二重奏、三重奏、四重奏、友情出演、歌のコーナーが組み合わされ、飽きさせない構成となっていて、司会の方の軽妙なトークとともにアッと言う間に楽しい時間が過ぎていったように感じました。それぞれの演奏者が練習を積み重ねていらっしゃった曲は、どれも素敵でした。青山先生の編曲によるものが多く、青山先生を懐かしく思い出された方も多かったのではないかと感じました。

 グループ員の方々の中にも「かるふーる」にご参加くださったことのある方が数名いらっしゃいましたし、友情出演の「プチ・マルカート」の皆さんは今年一月には「かるふーる」ミニライブをやってくださっていますね。そして、青山先生の後を引き継いで現在クループの指導をなさっている森陽介さんも「かるふーる」のお仲間です。「かるふーる」第100回記念の回に来てくださった時にも素晴らしい演奏で楽しませてくださいましたが、昨日も講師演奏として2曲を披露してくださいました。音楽はこのように表現するんだという模範を示してくださるような演奏でした。

*森さんが参加してくださった際の「かるふーる」の様子:http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2013/09/100-f009.html

 会場内では、演奏者以外にも「かるふーる」の常連の方々や懐かしい方々にお会いしてお話をすることもできました。何年振りかにお目にかかる方たちがお元気そうなご様子を伺うことができ嬉しくなりました。アコーディオンの音色が大好きな仲間の集まる場所には、いつも心地よい風が吹いていますね♪ 「そよ風コンサート」にお誘いいただき、ありがとうございました。また次回を楽しみにしていますhappy01

2017年6月25日 (日)

柴崎和圭アコーディオン教室発表会2017♪

 昨日、久しぶりに柴崎教室発表会へ伺うことができました。調べてみたら2009年の第3回発表会に行った際のブログ記事があったので8年ぶりでした。(平山教室へも今年8年ぶりに伺えたのでした。) 2010年以降は様々なことが続き、アコーディオン関連イベントなどへ出かけてゆく気持ちと時間の余裕があまりなかったのですが、昨年辺りから少しずつ以前のように仲間とともに音楽を楽しむ日々が戻ってきているのかなと感じます。

 

 会場では「かるふーる」のお仲間にも大勢お目にかかることができました。出場者の中にも「かるふーる」で演奏を聴かせてくださったことのある方が6名ほどいらっしゃいました。アコーディオン・オーケストラによる合奏から始まり、独奏・二重奏・三重奏・弾き歌いなどで35組ほどの演奏が続きました。フリーベースの方が多いこと、また発表会へ向けて熱心に練習に取り組んでこられたのだろうと感じられる完成度の高い演奏が多いことが印象的でした。自分でも弾いてみたいなと思う曲もあり、充実したひとときを過ごすことができました。ありがとうございました。

2017年6月 9日 (金)

避難訓練コンサート♪

 一昨日、「かるふーる」仲間のお一人からのお誘いで「避難訓練コンサート」へ行ってきました。何と、コンサートの途中で地震が起きて火災が発生したという想定のもと、本当に避難訓練を行うという面白い企画でした。東京消防庁音楽隊による「G線上のアリア」をうっとりと聴いている最中に突然歪んだ音が流れ始め、アナウンスで身を守る姿勢をとるように言われ、地震が起きたことと火災が発生したことが伝えられ、500人弱の人たちが階段を使って屋外の避難場所まで行きました。全員が避難し終わったことを確認した上でコンサート会場へ戻り、少しの休憩時間の後、再度演奏を楽しむことができました。

 吹奏楽は好きなのですが、最近は生の演奏を聴く機会はあまりなかったので、歯切れの良い演奏をたっぷりと楽しめてラッキーでした。途中の2曲では「東京消防庁カラーガーズ隊」の女性たちによる旗を使ったパフォーマンスもあり、これもまた初めて見ましたが楽しかったです。吹奏楽器の他に打楽器担当の方が4名いましたが、太鼓類の他にも木琴・鉄琴、様々なパーカッション楽器を操っていて面白かったです。パーカッション類を見るのは楽しくて好きです♪

 素晴らしい演奏を楽しんだ上に、いざという時に備えて避難訓練までできて、有意義な時間を過ごすことができました。お誘いくださったHさん、ありがとうございましたhappy01

2017年5月28日 (日)

第29回 平山アコーディオン教室 演奏発表会♪

 昨日の午後は平山アコーディオン教室の発表会を楽しんできました。演奏者の中にも「かるふーる」のお仲間が大勢いらっしゃいましたが、客席でもたくさんのお仲間の皆さんにお目にかかることができました。しばらくお会いする機会のなかった懐かしい方々ともお話することもできました。

 久しぶりに伺うことのできた発表会でしたが、以前と変わらず平山先生の門下生の皆さん、さらに門下生の方々のお弟子さんたちが出演なさっていて、プログラムは34番までありました。独奏だけでなく、歌とアコーディオンの共演・アコーディオン弾き歌い・アコーディオン二重奏・合奏がありました。小学生(中学生?)から90歳近い方まで年齢層も幅広く、演奏曲目もアコーディオンでの定番曲ばかりでなく様々なジャンルに渡り、長時間でしたが飽きることなく楽しませていただきました。自分が弾いたことのある曲では、「こんなアレンジも面白いな~」と参考にしたく感じたり、初めて聴く曲には「もう一度聴いてみたいな」と興味を感じたり、充実した時間となりました。最後は合奏メンバーの皆さんの伴奏と平山先生の指揮で会場皆で「いつでも夢を」を歌ってのお開きとなりました。

 舞台に立たれた「かるふーる」お仲間の皆さん、お疲れさまでした。そして、良い演奏を聴かせていただき、ありがとうございました。日々の練習の積み重ねとしての発表の場を持つということは大事なことなのだと改めて認識しました。また来年も伺うことができればと思っています。

*******************************************

 プログラムに紹介されていましたが、平山先生や門下生の方々の指導を受けたいと思っていらっしゃる方々は、「日本アコーディオン指導者協会 専任講師 指導教室一覧」を以下のサイトでご覧になれます。

http://acc.ivory.ne.jp/sikyo/

2017年5月 6日 (土)

「こどもの日」は「音楽といっしょ♪」

 良いお天気に恵まれた昨日の「こどもの日」。いっぱい笑って美味しいものをたくさん食べて、アコーディオンを弾いて・聴いて、いろんな人たちに出会って、久しぶりに遠足を楽しんで帰ってきたような一日でした。草加~浅草と自宅からは少々遠い場所でしたが、仲良しアコ仲間と一緒に過ごすひとときは心も身体も元気にしてくれました。今朝は朝寝坊するつもりでいたら5時にはすっきりパッチリ目覚めて気分も爽快でした。

 「草加せんべいの庭」にも「ギャラリーアビアント」にも思いがけず「かるふーる」のお仲間たちが来てくださっていて嬉しかったです。遠方から来てくださった方もいらして、ありがとうございました。昼間の部にお誘いくださった緒方さん、夜の部にお誘いくださった岩城さんにも感謝感謝。岩城さんの素晴らしいソロ演奏もたっぷり聴けて幸せでした。スペイン巡礼の旅の途中で生まれたという曲たち、是非また聴きたいという気持ちになる魅力的なものでした。岩城さんの演奏を聴く機会はたくさんありますので、お近くのもの、興味のあるものがありましたら、足を運んでみると楽しめると思いますよ♪

clip●岩城里江子さんのHP:http://rakurie.wixsite.com/raku-house

***********************************************:

 「草加せんべいの庭」では「ジャバラ.トリオ」改め「せんべいず」ということで、岩城さんが煎餅の被り物を頭につけて演奏したり、三人で煎餅職人さんの着る半被(はっぴ)をお借りして演奏したり、自分たちもお祭りの雰囲気を存分に楽しませていただきました。お子さんたちに手作り打楽器で一緒に参加してもらう曲や楽器に触ってもらう曲もありました。3回の演奏の合間にカレーや煎餅ソフトクリームなどを頂き、実際に自分たちで煎餅を焼くとう体験もさせてもらいました。白くて固い煎餅の素が3秒ごとに引っくり返しているうちに次第に膨らんできて、次には重しで押さえながらキツネ色に美味しそうな色合いになるまで引っくり返し続けて、最後にタレを塗ってお終い。焼きたてのお煎餅、とっても美味しかったですdelicious  3人で弾いた曲は「ビア樽ポルカ」「街角」「クラリネット・ポルカ」「エンターティナー」「Tico Tico」「チキチキバンバン」「レンツサーカスの思い出」「山の音楽家」「おもちゃのチャチャチャ」などでした。お店の方たちやイベント・スタッフの方たちにもとても温かく受け入れていただけて、本当に楽しいイベントでした。関係者の皆さま、ありがとうございました。

 「ギャラリーアビアント」では作品展(植物、織物、ジュエリー)を鑑賞した後、パーティーがあり、その中で岩城さんのライブがありました。最後の方で3人で2曲だけ演奏させていただきました。こちらも、とても素敵な雰囲気のギャラリーで作品も癒されるものばかりでした。パーティーで出された食材も全て手作りで美味しいものばかり。夜の部もまた温かい人の繋がりを感じさせてもらえる場でした。ご一緒できた皆さま、ありがとうございました。
作品展は明日までやっているようです。こちらです。http://abientot.main.jp/17-5-4.html

 昼の部と夜の部の間に少し時間があったのでアサヒビールタワーの21階から素晴らしい景色も眺めてきました。そして、今まで遠くからしか見たことのなかった金色の不思議なオブジェの正体を知りました。http://www.asahibeer.co.jp/customer/post-5.html

***********************************************************
以下はごちゃまぜですが昨日の写真いろいろです。
20170505


2017050516490001


2017050517360000


2017050517380000


Enar2036


Fipo5164


Img_1938


Img_1942


Img_2663


Img_2673


Img_2689


Img_2702

2017年4月30日 (日)

「バイオリンの気軽な演奏交流会」10周年♪

20170430vn10 今日の午後は立川「はるもにあ」で「バイオリンの気軽な演奏交流会」に参加してきました。「かるふーる」と同じように他の楽器の人も参加できるので、バイオリンは全く弾けない私もアコーディオンでアンサンブルに加えていただき、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしてきました。
 バイオリンという楽器のことをほとんど知らない私ですが、皆さんのお話を伺っていると奥の深い楽器なんだなぁと感じました。アコーディオンよりずっと難しそうに感じますが、もしかするとバイオリンの方たちからはアコーディオンも大変そうに見えるのかもしれませんね。
 きっと、どの楽器もそれぞれに難しく、究めようと思ったら継続して努力をしていかなくてはならないことは同じことと思います。同じように音楽を愛する仲間の皆さんと気軽に楽しめる場があることは本当に嬉しいことですね♪
 Makikoさんが「はるもにあ」というお店を大切に続けてくださっていることに改めて感謝をしています。昨年はフライングで10年目に入る節目のお祝いをしましたが、今年は正真正銘の10周年を祝ってきました。

 shineheart04 「バイオリンの気軽な演奏交流会」 10周年 heart04shine
       shinebirthday おめでとうございます present
shine

より以前の記事一覧