フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

お時間あったらいかがですか?(イベント情報など)

2021年4月21日 (水)

JAAアコーディオンの学校♪

 現在開催中の「JAAアコーディオンの学校」の開催期間が延長になったそうです。連休中に自宅でゆっくりとVアコーディオンのことを学ぶのも楽しいかもしれませんよ♪

https://jaa2020acc.wixsite.com/project

2021年4月20日 (火)

「手風琴」って?

 こんなクイズが(^-^)

https://news.livedoor.com/article/detail/20054475/

2021年4月18日 (日)

『歌声カフェ「空」』予定(2021年4月~6月)♪

 「かるふーる」のお仲間でもあるハーモニカの町田さんからご連絡があり、今年初めての『歌声カフェ「空」』を4/27(火)に開催できることになったそうです。緊急事態宣言があり1~3月はお休みとなりましたので本当に久しぶりです。東大和市は「まん延防止重点措置」適用地域外ではありますが、何とか日に日に感染者数が増えている東京都の状況が早く落ち着いてくれることを祈ります。参加人数は少なくお店は広いので心配はないと思いますが、少しでも安心して常連の方々に来て頂きたいです。

●2021年4月~6月『歌声カフェ「空」』開催予定日:
  4/27(火)5/25(火)6/22(火)
  午後2時~4時
  東大和「カフェバーCoo」にて
   http://www.cafebar-coo.com/
  ご予約不要です  

2021年4月17日 (土)

SCREENを飾ったハリウッド・スターたち

 面白そうな展覧会の案内を見つけました。7/18まで東京・京橋の国立映画アーカイブで開かれているそうです。映画雑誌「SCREEN」が創刊75周年を迎えるのをのを記念するものだとか。受験生時代の息抜きといえば映画雑誌を眺めることだった私にはとっても気になる展覧会です。7月頃にはコロナ禍も少し落ち着いているでしょうか。

創刊75周年記念
SCREENを飾ったハリウッド・スターたち
Hollywood Stars in SCREEN Magazine: Commemorating its 75th Anniversary

https://www.nfaj.go.jp/exhibition/screen75/

coba さんとワインと音楽と♪

 coba さんがワインと音楽について語っています。ワインのお好きな方には面白いかも🍷

https://www.wine-what.jp/wine/69724/

2021年4月15日 (木)

ケイジャン音楽♪

 先日ラジオから流れてきた音楽にアコーディオンが使われていて「フラコ・ヒメネス」の名前が紹介されていました。陽気なケイジャン音楽もいいですね♪ ダイアトニック・アコーディオンですね! アコーディオンって本当に様々なジャンルの音楽で使われていて世界中で愛されている楽器なんだと思います♡

●Flaco Jimenez Band Cajun Song:https://www.youtube.com/watch?v=Lxs-eMU-9zw

2021年4月14日 (水)

三浦一馬さん(バンドネオン奏者)♪

 NHK大河ドラマ「晴天を衝け」で毎週バンドネオンの音色を耳にするせいか、最近は三浦一馬さんの話題もよく目にしますね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/23c793deb6732927bf7abee91058cfb5f0e11ddf

面白い楽器!

 世の中にはいろいろと面白い楽器があるのですね! ボタン式アコーディオンを弾いている方なら、こんな楽器も簡単に弾きこなせるのでしょうね♪ ボタン式アコーディオン型のキーボードというのかシンセサイザーというのか、初めて見ました!

https://www.youtube.com/channel/UCN_PUqvK-clx7TcRwAsleeg/featured

2021年4月11日 (日)

「第11回オンライン飲み&演奏会」5/15(土)♪

 昨日の夕方、「第10回オンライン飲み&演奏会」に参加して、楽しいひとときを過ごしました。編曲の異なる「ビア樽ポルカ」を三人の方が演奏なさって、その雰囲気の違いを楽しむことができたことなど、主催の佐藤将さんのブログで会の様子や参加者の皆さんの演奏曲などが分かりますよ。将さん、今月もありがとうございました。また来月も参加できればいいなと思っています♪

 遠方に住んでいらして、なかなか実際に会うことは難しい方々ともお話ができたり演奏を聴かせて頂いたり、貴重な出会いの場でもあります。また演奏会やイベントの情報なども得ることができます。今回は、JAAで現在開催中の「アコーディオンの学校(今回のテーマはVアコーディオン)」を受講なさった方から内容を簡単に教えて頂いたりもできました。出会いと情報交換と演奏交流の場として続いてきて、来月でそろそろ一年になりますね。カメラとマイクのあるパソコンかスマホがあれば、それほど難しくなく参加できますので、興味のある方は佐藤将さんのブログからお申し込みやお問い合わせをしてみてくださいね。

●オンライン演奏会ブログ:「第10回オンライン飲み&演奏会」の様子: https://online-acc.blog.jp/20210410

 来月の予定も発表されています。5/15(土)16時~だそうです。

●「第11回オンライン飲み&演奏会」開催予定:https://online-acc.blog.jp/20210515

【JAA】アコーディオンの学校(インターネット):申込・受講方法はこちら:
  https://jaa2020acc.wixsite.com/project

2021年4月 9日 (金)

ラフマニノフ♪

 昨夜の「クラシックTV」ではラフマニノフの曲がいろいろと紹介されました。ラフマニノフの名前を初めて意識したのは20代半ばの頃、エレクトーンに夢中になっていた時期でした。習っていた先生が、音大の卒業演奏で弾いた曲だと仰ってラフマニノフ編曲「愛の喜び」の譜面とレコードを貸して下さいました。譜面は眺めているだけで目がくらくらしそうなものでした。クライスラーの原曲からかなり遠くまで行ってしまったような編曲に、ラフマニノフという作曲家は難しい曲を作る人だという風に感じて、その当時はちょっと距離を置きたいような気がしていました。

 その後、ラフマニノフと再会したのは「かるふーる」を始めて暫く経った頃、「はるもにあ」のオーナーのMakikoさんに誘われて二人で「ヴォカリーズ」を練習し始めた時でした。Makikoさんのヴァイオリンに私がピアノ伴奏をして、ヴァイオリンの方たちの演奏交流会に参加したのですが、やっぱりラフマニノフは難しかったです。まともな伴奏になっていなかったと思いますが、でも、練習を続けているうちに何だか不思議な魅力を感じるようになっていったのも確かでした。

 番組を見ると、ラフマニノフは身長も高く手も相当に大きく、普通の人ならとても届かない距離の鍵盤を押さえることができたので、彼の作った曲をピアノで弾きこなすのはプロの演奏家でも難しいそうです。映画やフィギュアスケートに使われたりで、私たちがよく耳にする曲も多くありますが、少しずつラフマニノフの曲にも自分の心が馴染むようになってきたようにも思います♪

●「クラシックTV」:https://www.nhk.jp/p/classictv/ts/14LJN694JR/episode/te/7YNNX4WXGQ/
 (再放送もありますよ)

●「愛の喜び」(ラフマニノフ編曲版):https://www.youtube.com/watch?v=arLYQutOODw

●クライスラー「愛の悲しみ」「愛の喜び」フリッツ・クライスラー (ヴァイオリン) ルップ (ピアノ) 1938 Kreisler Liebesleid Liebesfreud:(作曲者のクライスラーさんご自身の演奏のようです):https://www.youtube.com/watch?v=nNjsoldd7EQ

●諏訪内晶子 「ヴォカリーズ」 作品34の14 (ラフマニノフ):https://www.youtube.com/watch?v=RcUnp28h6bU

より以前の記事一覧