フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

行ってきました!(音楽以外)

2013年8月20日 (火)

草津温泉の7-ELEVEN!

130817_131924 草津温泉の湯畑近くのコンビニ。

 いつもの見慣れた色合いではないので一瞬戸惑いました。周辺の景観との調和を考慮してのものでしょうか。こういう配慮がもっとあちらこちらに欲しいなぁ~なんて思います。

 実はウチの近所にもちょっとケバケバシイ建物が・・・ (十数年見ているうちに何となく慣れましたが出来たばかりの頃は目障りな気がしていましたdespair

*************************************************************

130817_104551 

 こちらは江戸時代から伝わる伝統的な建築様式で「せがい出し梁作り」と呼ばれるものだそうです。間違って迷い込んだ道にこんな由緒ありそうな建物がたくさん並んでいてビックリしました。

130817_104613



2013年8月19日 (月)

草津温泉の旅(^-^)

033
病院通いが続きすっかり気持ちが滅入ってしまっている連れ合いも少し涼しい所へ出かけて気分転換をすれば元気になるかと思い、アルバイトを始めたばかりでお盆休みもないかと諦めていた息子が二日間の休みをもらえたのをラッキーと、急遽涼しそうなところを探して草津温泉で一泊してきました。宿にはエアコンなどないし、最高気温が30℃を超えることなど滅多にないという草津温泉は本当に気持ちの良い場所でした。泊まったホテルのサービスも食事も満足のいくもので、熊が出ることもあるという緑たっぷりの自然の中で森林浴もできました。

「歩み入る者にやすらぎを・・・ 去りゆく人にしあわせを・・・」(草津町民憲章) 

どこかで聞いたような気がするとしばらく考えた後で思い出しました。一つ前のNHKの朝ドラで出てきましたね!

さぁ、今日からまた仕事仕事、先週休んだ分、今週は忙しいです。暑さに負けずに頑張らなくっちゃhappy01
130816_153551


130816_162251


130817_090820


130817_090845





130817_103322


130817_103437

2013年3月28日 (木)

井の頭公園の桜

130327_114358130327_114412_2

 まるで水墨画の雪景色のようにも見える風景ですが、井の頭公園の桜です。

 昨日は遠慮なく何でも話のできる友人たちに誘われてお花見。花冷えの雨の中でしたが、それもまた良い思い出となって残りそうです。池の周りをぐるりと歩いた後は美味しいランチとお喋り。辛いことは笑い飛ばし周りへの温かい思いやりの気持ちをいつも忘れない友たちの時間は、いつも私を励まし元気付けてくれますhappy01

2013年2月 9日 (土)

東京スカイツリー~浅草

PhotoPhoto_5
 友人たちに誘われて東京スカイツリーと浅草見物に出かけてきましたhappy01

 中央線に一部運休が出る程の強風のために展望台へのエレベーターが安全確認しながらの運行をしていました。上りも下りもかなりの時間待たされましたが、オバサン4人いれば退屈することもなく、お喋りに花を咲かせていましたwink

 一番上の展望台からの眺めは、なかなか見応えがありました。東京の街並みが何だかミニチュアの街のようにも見え、走っている電車はプラレールのように、車はトミカのミニカーのようにも見えました。地理に疎い人ばかりで位置関係がよく理解できず笑ってしまいましたが、都心の密集した建物群のすごさには驚きましたsign03

 午前中は雲が多かったため富士山は見えませんでしたが、午後になって青空が広がり、浅草浅草寺の仲見世から見たスカイツリーはとてもきれいでしたgood

 美味しいものを食べ、お喋りもたくさんし、家族にお土産も買い、楽しいひとときを過ごしました。仕事や特に用事がある日以外は、ついつい家に引きこもりがちな私を引っ張り出してくれる友人たちに感謝の一日でしたsun

 家族の病気をきっかけに患者会の集まりで出会った仲間たち。いろいろな悩みや問題を一人で抱え込まずに語り合える仲間がいること、しみじみとありがたいと思います。自分が病気をした時に病室で出会った仲間たちとともに大切な友人たちです。支え合う仲間がいることに感謝しつつ、一歩一歩ともに歩んでいこうと気持ちを新たにしましたclover




Photo_6



Photo_7


Photo_8

2012年9月18日 (火)

Accordion×Clarinets LIVE「REEDs singing」♪(岩城里江子×小森慶子)

 相変わらず続く暑さに身体が少々悲鳴をあげていますが、皆さん、お変わりなくお過ごしでしょうか?

 先週の金曜日、阿佐ヶ谷ヴィオロンであったshineheart04アコーディオンの岩城里江子さんとクラリネットの小森慶子さんによるライブshineheart04に行ってきました。アコーディオンを始めた頃に通っていた小川経子先生のお教室でともに学んでいた仲間から久しぶりに連絡をもらい、もう8~9年ほど会っていなかったので懐かしくなり、何とか時間の都合もつけられたのでライブを楽しんできました。久しぶりに会う同門の方たち3人と一緒に並んで音楽を楽しみ、休憩時間にはお喋りを楽しみ、心弾む夜を過ごしました♪

 岩城さんのオリジナル曲「阿佐ヶ谷団地」のアコーディオン独奏で始まったライブは2曲目からはクラリネットの小森さんとの共演となり、スタンダード曲のいろいろやお二人のオリジナル曲が続き、最後はまた「阿佐ヶ谷団地」をお二人で演奏するという流れでした。同じリード楽器同士なので当然のことながら相性が良いのですが、語り合うように呼応しながらお二人が紡いでゆく音楽の心地よさにどっぷりと浸って幸せな時間を過ごすことができました。同じ教室で学んでいた頃から後姿を追いかけ続けてきた岩城さん、どんどんと新しいことにチャレンジをして自分の音楽の世界を広げていく姿は今も憧れです。

 来月はアコーディオンとお話のユニット「楽香(らっきょ)」のツアーを控えている岩城さん。その「楽香」の「さわきょうこ」さんも会場で受付をなさっていたので久しぶりに会うことができました。私の大好きなお二人の作り出す世界、心の中に温かいものが満ちてくるようなひとときを得られることと思います。お時間のある方は是非ツアーのどこかで「楽香」の世界を体験してみてくださいね。

●「楽香」ツアーについては:http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2012/09/post-834a.html 

●岩城里江子さんのHP:http://yaplog.jp/raku_rie/ 

●「さわきょうこ」さんのブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/kyonirufu/

2012年5月18日 (金)

イングリッシュガーデン・ローズカフェ

120518_124156120518_124456_3120518_142054_2

120518_125027



120518_124859_3

120518_124859_2

120518_124300_5

 今日は友人たちに誘われて国分寺駅近くにあるイングリッシュガーデンローズカフェへ。美味しいランチを楽しんでいるうちに、みるみると空が暗くなり雷がthunderrain ザーッと降り出した雨が次第に強さをまし、よく見ると白い塊が! こらが噂の雹(ひょう)かと皆で驚きながら、でも食べ終わる頃にはすっかり晴れてsunが燦々と降り注いでいました。たくさんの種類のバラの花とその香りを充分に楽しんで気持ちよくお店を後にしました。そのまま駅の方へ歩いていくと殿ヶ谷戸庭園という、これまた自然を満喫できる場所があり、そこでは新緑をたっぷりと楽しんで身体も心もリフレッシュして帰ってきましたclover

 日々いろいろなことが起きますが、時々美味しいものを食べたり美しい自然の風景を愛でたりする時間を持つと気分も変わりますね! お互いに支え合うことのできる仲間(友人)たちがいること、幸せだなぁ~と思います。

●イングリッシュ・ガーデン・ローズカフェ:
・トップページ:http://members.jcom.home.ne.jp/rosecafe/index.htm
・お店の様子:http://members.jcom.home.ne.jp/rosecafe/annnai/annnai.htm
・お庭の様子:http://members.jcom.home.ne.jp/rosecafe/annnai/niwa.htm
         http://members.jcom.home.ne.jp/rosecafe/annnai/niwa.htm

●殿ヶ谷戸庭園:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline036.html

2011年11月25日 (金)

竹田・岡城址

 竹田市内から30分ほど歩くと岡城址があります。子どもの頃、遠足やお花見に行きました。久しぶりに緑をたっぷりと、そして紅葉もちょっぴり見てきました。今年は夏から秋にかけての暑さの影響で紅葉が遅いようでした。懐かしい風景に気持ちも若返るような気がしました。

滝廉太郎は、子どもの頃を過ごし遊んだこの岡城址の風景を思いながら『荒城の月』を作曲したと言われているそうです。春の桜、秋の紅葉、素晴らしい風景を楽しめる場所です。

Photo_9 Photo_10

●岡城址: ・http://www.ajkj.jp/ajkj/oita/takeda/kanko/okajyo/okajyo.html
       ・http://www.city.taketa.oita.jp/okajou/

竹田・長湯温泉

豊後竹田駅から車で30分ほどにある長湯温泉で一泊しました。食にこだわりのあるお宿で美味しいものをたくさんいただき元気がでましたhappy01

Photo_5 Photo_6

Photo_7 Photo_8

 自家製のハムやソーセージ、えのは(やまめ)料理、たっぷりのお野菜、美味しいものを食べると本当に幸せな気持ちになりますね!

 アニマル・セラピーのための山羊や羊さんたちもいました。

竹田・竹楽・滝廉太郎

PhotoPhoto_4Photo_3

Photo_11

Photo_12 Photo_13Photo_16

 

 

Photo_17

 6年ぶりに大分へ帰省して両親の顔を見て私たちの顔もみせて、そのついでに小学校1~2年の頃を過ごした竹田市へ行ってきました。ちょうど『竹楽』というお祭りをやっている期間にあたり、過疎の町も少しばかり賑わっていました。昔住んでいた家の辺りは建物こそ新しくなっていますが、あまり変わっていないようでした。

 私のカメラと腕前では夜景は上手く撮れないので、お祭り本番の夜の風景は下のHPでご覧くださいね。昼間は、滝廉太郎記念館に立ち寄ったり、古い街並みを散歩したり、お土産品店で幼馴染の家族のことを知っているという人と出会ったりと、のんびり楽しく過ごせました。

 滝廉太郎は作曲やピアノのみならず様々な楽器の演奏も上手にこなした方だったそうで、アコーディオンも弾いていたらしいです。23歳という若さで亡くなっていますが、もし長生きしていたらアコーディオン用の曲も作っていたかもしれませんね!

●『竹楽』:http://www.city.taketa.oita.jp/tikuraku/
●滝廉太郎:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%A7%E5%BB%89%E5%A4%AA%E9%83%8E
●滝廉太郎記念館:http://www.taketan.jp/dic/detail.php?ID=4420800075140&area=%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%8C%87%E5%AE%9A%E3%81%AA%E3%81%97&keyword=%E7%80%A7%E5%BB%89%E5%A4%AA%E9%83%8E%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8&genre

2009年10月 8日 (木)

「のんちゃnのり弁」みてきました!

 緒方明監督の「のんちゃんのり弁」を昨日みてきました。立川シネマシティーは水曜日のみレディースデーと称して女性は1,000円で見られるので、ちょっと得しました。1,800円が1,000円になるので、かなり得かもしれません。台風が近づいていたこともあり満席とはいきませんが、私同様レディースデーを目当てに来たのか、やはり女性客が多かったです。

 映画の内容は、これから見る方の楽しみを奪ってしまうので書きませんが、とても後味のいい映画でした。「この年で、人生本気で生きたくなりました。永井小巻(31歳・子持ち)」というチラシに書かれている一文が内容を表していますが、奮闘しつつも人生そんなに甘くはないという思いを重ねつつ、それでも本気になった時にこそ発揮される火事場の馬鹿力で突き進んでいきます。最後のシーンは小巻さんのとびきりの笑顔で終わります。

 音楽はアコーディオン・ファンだったら知らない方はないことと思いますがcobaさん。時折流れてくるアコーディオンの音色とともに印象的だったのがcobaさんの口笛。とてもcobaさんらしさが感じられるスピード感のある音楽でした。

 緒方明監督は、≪かるふーる≫仲間でもあり≪かしましライブ≫仲間でもある緒方昭子さんのお連れ合いですが、先週の新聞には写真付きでインタビュー記事が掲載されていました。今、公式ブログをちょっとのぞいてきたら、海苔ファッションに身を包んだ緒方監督の姿がありました! そしてそこに書かれていた記事にちょっと気になることが。次回作が既に発表になっているとのことで何とフランスの名匠ルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』のリメイクだそうです。とっても楽しみです♪

●「のんちゃんのり弁」公式サイト:http://www.noriben.com/
●「のんちゃんのり弁」公式ブログ:http://blog.excite.co.jp/nonchannel/
●作品情報:http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/19804/
●上映スケジュール:http://movie.walkerplus.com/mv38323/
●死刑台のエレベーター:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%8F%B0%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC